プレミアリーグプレミアリーグ

16/11/04トルコで敗れたマンチェスター・U、モウリーニョが選手に怒り 「努力が足りない」

マンチェスター・U(イングランド)が3日(木)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節でフェネルバフチェ(トルコ)に敵地で1-2と敗れた。ジョゼ・モウリーニョ監督はチームへの怒りをのぞかせている。

FWウェイン・ルーニーを先発起用したマンチェスター・Uだが、開始2分で相手FWムサ・ソウに華麗なオーバーヘッドで先制点を献上。59分にも直接FKでリードを広げられると、89分にルーニーが強烈なミドルシュートで今季2点目となるゴールを挙げるにとどまった。

マンチェスター・Uは公式戦7試合で2勝3分け2敗と低調。モウリーニョ監督は試合後、開始直後に失点したチームを批判した。クラブの公式サイトがコメントを伝えている。

「相手が勝利に値した。サッカーはクオリティーだけではない。努力やコミットメントも必要だ。限界まで戦わなければいけない。試合の始め方は、彼らがチャンピオンズリーグ決勝のようで、我々は夏の親善試合のようだった」

勝ち点6のマンチェスター・UはグループAの3位に転落した。だが、モウリーニョ監督は決勝トーナメント進出をあきらめていない。

「相手ではなく、自分たち次第だ。残り2試合とも勝てば、我々は勝ち進める。勝ち点4でも突破できるかもしれない」

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.