プレミアリーグプレミアリーグ

16/10/01ドイツ代表が発表、ギュンドアンが約1年ぶりの復帰

ドイツサッカー連盟は9月30日(金)、10月のワールドカップ(W杯)予選に向けて22名の招集メンバーを発表した。

ヨアヒム・レーブ監督は負傷で約1年にわたって不在だったMFイルカイ・ギュンドアンを招集した。ギュンドアンはこの夏、ドルトムント(ドイツ)からマンチェスター・C(イングランド)に移籍。代表選出は2015年11月以来となる。

そのほか、FWマリオ・ゴメスやDFジェローム・ボアテングらが、EURO2016で負った負傷から回復し、代表復帰を遂げている。

ドイツはW杯欧州予選グループCで白星発進しており、8日(土)にチェコ、11日(火)に北アイルランドと対戦する。招集メンバーは以下のとおり。

GK
ノイアー(バイエルン)
レノ(レバークーゼン)
テア・シュテーゲン(バルセロナ)

DF
ボアテング(バイエルン)
ヘクトル(ケルン)
ヘベデス(シャルケ)
フンメルス(バイエルン)
キミヒ(バイエルン)
ムスタフィ(アーセナル)
ルディ(ホッフェンハイム)

MF
ブラント(レバークーゼン)
ドラクスラー(ボルフスブルク)
ギュンドアン(マンチェスター・C)
ケディラ(ユベントス)
クロース(R・マドリー)
マイヤー(シャルケ)
ミュラー(バイエルン)
エジル(アーセナル)
バイグル(ドルトムント)

FW
ゴメス(ボルフスブルク)
ゲッツェ(ドルトムント)
フォラント(レバークーゼン)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.