セリエAセリエA

16/08/08長友所属のインテル、開幕2週間前に監督交代 マンチーニと契約解消

長友佑都が所属するインテル(イタリア)は8日(月)、ロベルト・マンチーニ監督との契約を解消したことを発表した。

2004年から2008年までインテルを率い、リーグ優勝3回、コッパ・イタリア優勝2回などタイトルをもたらしたマンチーニ監督は、2014年11月にワルテル・マッツァーリ前監督の解任を受けて復帰した。だが、このシーズンは8位に終わり、昨季も4位とチャンピオンズリーグ出場権を逃した。

この夏、インテルは蘇寧グループに買収され、以降、マンチーニ監督は上層部との確執が報じられていた。イタリアメディアは7日(日)に退任が決定的になったと報じていた。

インテルはマンチーニ監督と相互合意に基づいて契約を解消したと発表。2014年11月からの仕事に感謝している。

イタリアメディアは、インテルが後任に元アヤックス(オランダ)のフランク・デ・ブール監督を招へいすると報じている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.