セリエAセリエA

16/08/05「イグアイン・マネー」を手にしたナポリ、再びポーランド代表選手を獲得

ナポリ(イタリア)が4日(木)、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキの獲得を発表した。

22歳のジエリンスキは、2014年にウディネーゼからレンタル移籍したエンポリでブレイク。リバプール(イングランド)やミラン(イタリア)からの関心が報じられたが、最終的には昨季のセリエAで2位となったナポリに加わった。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ナポリがウディネーゼに1500万ユーロ(約17億円)を支払い、さらにDFフアン・スニガをトレードで放出すると報じた。ウディネーゼはスニガをポッツォオーナーが所有するワトフォード(イングランド)にレンタルさせる狙いのようだ。

ナポリはこの夏、FWゴンサロ・イグアインがユベントス(イタリア)に移籍。契約解除金として9000万ユーロ(約101億円)を手にすることになった。その資金を生かし、アヤックス(オランダ)に3200万ユーロ(約36億円)を払い、ジエリンスキと同じポーランド代表のFWアルカディウシュ・ミリクを獲得している。

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.