日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

16/07/06[甲府]2ndステージの攻撃を背負う新加入FWドゥドゥが合流

写真:練習着(右)と私服姿(左)のドゥドゥ。ヘアースタイルは柏時代よりもシャープになった。私服姿の右手には――本人曰く「安物」という――ゴールドの大きな時計が鈍く輝くが、甲府で成功のきっかけを作って本田圭佑のような時計が輝く日には、甲府もJ1残留を果たしているはず。

 プレッシャーのかかるJ1残留争いを勝ち抜くため、甲府に6日の練習からドゥドゥが加わった。

14年に柏でプレーした経験があるドゥドゥは「日本に帰ってきたかった」ということで甲府でプレーすることを喜んでいる。冬のブラジルから夏の日本に来て暑さが堪えているかと思いきや、「(14年に)柏に来たときも夏(8月)だったから慣れるように頑張りたい」と、すべてがポジティブ。

 先週もブラジルで試合に出場したそうでコンディションも良く、合流初日からフルメニューをこなした。柏に移籍したクリスティアーノとはタイプが違うので同じ役割を求めることはできない。それでも紅白戦形式の戦術確認では、キープ力や局面打開をしながらの推進力があるところを見せており、十分に期待を背負うことができる選手だ。フィゲイレンセで今季4ゴール7アシストのドゥドゥ。どう生かすかはこれからの課題だが、甲府のファン・サポーターにとって久しぶりのポジティブな話題。

 ただ、9日のJ1・2nd第2節・FC東京戦に登録が間に合うかどうかは微妙なタイミング。デビュー戦が第4節の鹿島戦になる可能性もある。

 本名はルイス・エドゥアルド・ドス・サントス・ゴンザガと呪文のように長いが、ブラジルではエドゥアルドという名前はドゥドゥというニックネームになるそう。ドゥドゥが山梨で尊敬され愛されることを願いたい。2人目の子供が10月に生まれる予定のドゥドゥとともに、機嫌よく10月を迎えたい甲府の反撃が始まる。

文・写真:松尾潤(エル・ゴラッソ甲府担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.