日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

16/05/24【トゥーロン】U-20ポルトガル代表を崩せず、U-23日本代表は連敗

得点を挙げられずに80分を終えた(写真:Getty Images)

良さも見せるが惜敗

 U-23日本代表は23日、トゥーロン国際大会の第2戦でポルトガル代表と対戦した。20歳以下の選手たちで今大会に臨んでいるポルトガルに対して、0-1で敗れている。

 手倉森誠監督は、「勝てなかったですね。いま、世界の舞台へ搭乗中で、求めているものを意識して選手たちはやってくれました」と、コメント。さらに「ポゼッションに長けているポルトガルを相手に、こっちが仕掛けながら戦えたのはよかった。悔しさは重要なエネルギーになる」、「結果はついてこなかったが、一戦目よりも向上させられた」と、初戦よりも内容が良くなったことを強調した。

 日本は初戦のパラグアイ戦(1-2)でDF岩波拓也(神戸)とDF亀川諒史(福岡)が負傷し、今大会中の復帰が絶望視されている。それもあり、手倉森監督は先発メンバーを7人変更。パラグアイ戦後に合流したMF南野拓実(ザルツブルク)もスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半、風下に立った日本はMF大島遼太(川崎F)を中心に最終ラインの裏へロングボールを蹴り、FW浅野拓磨(広島)、FWオナイウ阿道(千葉)の2トップを走らせる。互いにシュートを打てない時間が続いたが、前半18分にポルトガルは左サイドのMFロマーリオ・バルデにシュートを打たれる。これはGK中村航輔(柏)が防いだ。しかし22分、MFアンドレ・オルタにミドルシュートを決められ、初戦のパラグアイ戦に続き、1点を追いかける展開となった。

 先制された日本は、ボールを保持する時間は長くなったもののポルトガルの守備を崩すことはできずにシュートまでいくことはできない。それでも38分にゴール前で細かくパスをつなぎ、最後は浅野が反転してから強烈なシュートを蹴ったが、左ポストに嫌われた。その直後にはオナイウもボックス外からゴールを狙ったが、枠の左に逸れて行ってしまう。結局、日本は1点を追う状態のまま、前半を終えた。

合流直後の南野もフル出場(写真:Getty Images)

不運な判定もあり、得点を挙げられず

 後半の開始と同時に日本はMF矢島慎也(岡山)に代えてFW野津田岳人(新潟)を投入する。風上に立った日本は、ポルトガルを相手に攻勢になる。47分には大島のパスから野津田がシュートを放つが決めきれない。60分にはファンウェルメスケルケン際(ドルトレヒト)のロングボールから浅野が最終ラインの裏をとってシュートしたが、枠を捉えられなかった。

 その後も日本はオナイウに代えてFW富樫敬真(横浜FM)、浅野に代えてFW鎌田大地(鳥栖)を起用する。しかし、ペナルティーエリア内で相手が明らかなハンドを犯した場面を主審に見逃されるなど、ツキもなかった日本は最後まで得点を挙げられないまま試合は終了。

 南野は、「チームとしても2連敗を喫してしまったので悔しい。今日の試合も得点できるチャンスはいくつかあった。そこを決めきれなかったのが、次への課題だと思います」と、無得点に終わったことを反省した。日本は25日の第3戦でU-23ギニア代表と対戦する。

《文=J:COMサッカー編集部》

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.