プレミアリーグプレミアリーグ

16/03/19EL8強も組み合わせ決定、クロップが古巣ドルトムントと対戦 「全世界が見るだろう」

18日(金)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の組み合わせが決まった。ユルゲン・クロップ監督がリバプール(イングランド)を率い、古巣ドルトムント(ドイツ)と対戦する。

準々決勝は第1戦が4月7日、第2戦が同14日に行われる。組み合わせは、以下のとおりとなった。

ブラガ(ポルトガル) 対 シャフタール(ウクライナ)
ビジャレアル(スペイン) 対 スパルタ・プラハ(チェコ)
アスレティック・ビルバオ(スペイン) 対 セビージャ(スペイン)
ドルトムント(ドイツ) 対 リバプール(イングランド)

MF香川真司は恩師クロップ監督との対戦となる。指揮官はリバプールの公式サイトで、古巣との対決について次のように述べた。

「抽選には本当に満足だ。ELで優勝を目指し、ベスト8までくれば、最強のチームを倒さなければならない。一発勝負より、2試合できる方が良いね。チームにドルトムントを紹介できるのが本当にうれしい。この素晴らしいスタジアムと街を選手たちに見せられるのが、本当にうれしいよ。サッカーだけが残せる歴史だ。我々全員がハッピーだよ」

「世界最大級のクラブの2つが、ELの舞台で対戦するんだ。ドルトムントに行って、ドルトムントと対戦するのは、サッカーにおけるベストの一つだよ。彼らも100%、アンフィールドに来ることを楽しみにしているだろう。激しい2試合となる。良いことだね」

「ドルトムントに行くのは楽しみだ。この場所を愛しているし、私の人生で最高の出来事のいくつかはドルトムントで起きた。だから当然、楽しみだ。だが一方で、ごまかしは嫌いなんだよ。ビジネスとかは分かっている。だが、好きじゃない。私は自分がやるべきことをやる。試合と選手たちのことに集中だ。試合後に誰かが話したいと言ってくれるなら、それは応じるけどね」

「激しい2試合になるのは確かだ。ドルトムントはドイツで非常に強く、おそらくは世界でも有数のチームだ。ドイツではバイエルンがいるという問題があるが、勝ち点5差だし、まだ優勝するチャンスがある。本当に強い相手だ」

「でも、我々も悪くない。我々のベストゲームがいつも強いチームとの試合だったのは周知のとおりだ。こういう試合の戦い方を知っているんだよ。それに、ドルトムントの選手たちもかなり知っている。全員とは言わないが、98%だ。だから、オープンな2試合になる。全世界が見ると思うよ」

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.