日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

16/03/06香川、天王山でまさかのベンチ外 ドルトムントはバイエルンとスコアレスドロー

5日(土)に行われたドイツ・ブンデスリーガ第24節、ドルトムント対バイエルンの一戦は、0-0のスコアレスドローに終わった。MF香川真司は、天王山の大一番でベンチ入りもできなかった。

首位バイエルンが前節敗れたことで、勝ち点5差となって迎えた天王山。2位ドルトムントにとっては、ホームで勝てば勝ち点2差まで詰め寄る今季最大の一戦だった。

だが、その大事な試合で、香川はスタメンどころか、ベンチメンバーにも選ばれなかった。香川がベンチにも入れなかったのは、今季2度目のことだ。トーマス・トゥヘル監督との関係を懸念する声も浮上している。

試合は白熱の展開ながらも、ゴールが生まれず、両チームの勝ち点差は縮まらなかった。トゥヘル監督は試合後に次のように述べている。クラブの公式サイトが伝えた。

「前半は非常に良く、特に最初の30分は見事だった。今日のチームのパフォーマンスにはとても満足している。バイエルンのプレッシャーに耐えるのは非常に難しいことだ」

「我々は勝ち点差に関係なく、自分たちの戦いを続けると確信している。できるだけ多くの勝ち点を積み重ねたい。次はトッテナム(UEFAヨーロッパリーグ)、そしてマインツだ」

「今日勝っていても、我々はバイエルンを上回れたわけではない。勝ち点2差(になっていた)とはいえ、得失点差で劣っているんだ。我々は飢えと情熱を失ってはいけない。今日のスコアレスドローに落胆してはいけない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.