セリエAセリエA

16/02/23ナポリとドローのミラン、ゴール演出の本田に高評価 「黄金の同点弾をプレゼント」

ミラン(イタリア)MF本田圭佑は、22日(月)のセリエA第26節ナポリ戦でフル出場し、同点弾を演出して1-1のドローに貢献した。ミラン専門サイト『milannews.it』は、本田を高く評価している。

39分にFWロレンツォ・インシーニェのゴールで先制されたミランだが、前半終了間際に同点に追いつく。ゴールを演出したのが背番号10だ。

本田が右サイドから鋭いクロスを入れると、ボールはナポリDFの頭に当たってからファーサイドへ。これをMFジャコモ・ボナベントゥーラがダイレクトのシュートで叩き込んだ。

首位奪還を目指し、得意の攻撃力を武器に攻め立てたナポリに耐え、ミランは勝ち点1を手にした。本田の連続ゴールや連勝はならなかったが、公式戦10試合無敗を保っている。

『milannews.it』は、本田に6.5点と及第点を上回る採点をつけ、次のように評した。

「8日間でサムライから塹壕の兵士となったが、彼にとって問題はない。上下に走り、中盤を助け、彼の左足から虹が生まれた。それがボナベントゥーラの右足に届き、ミランに黄金の同点弾をプレゼントした」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.