プレミアリーグプレミアリーグ

16/02/14マンチェスター・Uがまた黒星、監督は4位以内を断念? 「非常に難しい」

マンチェスター・Uは13日(土)、イングランド・プレミアリーグ第26節で、サンダーランドに敵地で1-2と敗れた。ルイス・ファン・ハール監督は試合後、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるトップ4以内でのフィニッシュが「非常に難しい」と認めた。

立ち上がりの3分にセットプレーから先制を許したマンチェスター・Uは、MFフアン・マタのシュートのこぼれ球をFWアントニー・マルシャルが押し込んで追いつくが、終盤の82分に再びセットプレーから失点。今季7敗目を喫した。

今節は14日(日)に首位レスター・シティと3位アーセナルが、2位トッテナムと4位マンチェスター・Cが対戦するとあり、マンチェスター・Uは上位陣がつぶし合う間に勝ち点差を縮めておきたいところだった。

ところが、自分たちが勝ち点を得られない結果に終わり、ファン・ハール監督は試合後の『BTスポーツ』のインタビューで、次のように述べている。残すはヨーロッパリーグ(EL)で優勝してCL出場権を得るしかないと考えているようだ。クラブの公式サイトが伝えた。

「もちろん、これは後退だ。試合前にこういう試合で勝たなければいけないと言ったが、それができなかった。自分たちを責めるしかない。私は自分の仕事を最大限にしている。これ以上できない」

「(トップ4フィニッシュは)非常に難しいだろう。前節と今節で勝ち点5を落とした。この時期にこれは大きすぎる。これで、(ELで優勝してCLに出場するのが)ベストの道のりとなるが、ELにも非常に優れたチームたちがいる」

「今日の試合は勝つ必要があった。トップ4と大きな差があったからだ。我々はその位置にいきたいと思っているが、これでは非常に難しいだろう」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.