メキシコ・その他

16/02/14バイエルン&ユーベ、CLでの大一番を前に守備陣の負傷が止まらず

ドイツ王者とイタリア王者の激突が注目されるUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦だが、23日(火)の第1戦を前に両軍の守備陣に負傷者が出続けている。

バイエルンはすでにDFジェローム・ボアテングとDFハビ・マルティネスが離脱中。DFメフディ・ベナティアも復帰したばかりで万全ではない。

加えて、13日(土)にはDFホルガー・バドシュトゥバーも練習中に足首を骨折し、3カ月の離脱になることが発表された。冬のマーケットでDFザーダール・タスキを獲得したバイエルンだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は頭を痛めていることだろう。

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督も、同じ状況に陥るかもしれない。DFジョルジョ・キエッリーニが離脱したばかりのユーベは、13日のナポリとの天王山を制して首位に負傷したが、この一戦でDFレオナルド・ボヌッチがひざを痛め、後半早々に交代を余儀なくされた。

ボヌッチのコンディションはまだ分かっていないが、バイエルン戦を欠場することになれば、堅固な守備を武器とするユーベにとって大きな痛手だ。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.