セリエAセリエA

15/12/20インテル監督、長友は「素晴らしいプロ」と称賛 1月の移籍はなし

インテル(イタリア)のロベルト・マンチーニ監督が、DF長友佑都に賛辞を寄せ、1月のマーケットで移籍することはないと述べた。

今季でインテルとの契約が満了する長友は、当初マンチーニ監督の構想外と言われ、夏のマーケットで移籍することが濃厚と言われていた。だが、最終的にインテルに残留している。

最初は出場機会を得られなかった長友だが、徐々にマンチーニ監督の信頼をつかみ、ローマやナポリとのビッグマッチでも先発出場。最近では、インテルが1~2年の契約延長に向かっていると言われている。

マンチーニ監督は現地時間19日(土)の会見で、長友について「素晴らしいプロフェッショナル」と称賛。複数のポジションをこなせることを評価し、「1月は移籍しない」と冬の退団を否定した。

一方で、一部のイタリアメディアには、インテルが長友と契約を延長しても、夏に売却するための一手という見方がある。長友はシーズン後半戦、首位で2016年を迎えるインテルに貢献し、その立場を確立させられるだろうか。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.