メキシコ・その他

15/09/18欧州CLがついに開幕。スペイン勢の結果を振り返る

ハットトリックを達成したクリスティアーノ・ロナウド (写真=Getty Images)

15-16シーズンの欧州チャンピオンズリーグがついに開幕。

グループA~Hの8つのグループに、それぞれ4チームずつに分かれ、上位2チームが決勝トーナメントに進出することができる。そのグループステージ第1節が今週行われた。

スペインからは昨季欧州CL覇者のバルセロナ、レアル・マドリード、アトレチコ・マドリード、バレンシア、そして昨季ヨーロッパリーグ覇者のセビージャの5チームが参加する。

今回は、近年勢力を拡大しつつあるスペイン勢の結果を振り返る。

 

グループAのレアル・マドリードは、ホームにウクライナのシャフタール・ドネツクを迎え、4-0と力の差を見せつけた。FWカリム・ベンゼマの先制点と、FWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックで幸先の良いスタートを切った。

 

グループA           勝 分 負 得 失 得失差 勝ち点 

1 レアル・マドリード    1 0 0 4 0  4   3

2 パリ・サンジェルマン   1 0 0 2 0  2   3

3 マルメ          0 0 1 0 2   -2   0

4 シャフタール・ドネツク  0 0 1 0 4   -4   0

 

グループCのアトレチコ・マドリードは、敵地イスタンブールに乗り込み、トルコのガラタサライ戦に挑んだ。先日行われた国内リーグのバルセロナ戦から、スタメンを4人代えて臨んだアトレチコ・マドリードは、アントワーヌ・グリーズマンの2ゴールで危なげなく勝利を飾った。

 

グループC           勝 分 負 得 失 得失差 勝ち点 

1 アトレチコ・マドリード  1 0 0 2 0  2   3

2 ベンフィカ        1 0 0 2 0  2   3

3 ガラタサライ       0 0 1 0 2   -2   0

4 アスタナ         0 0 1 0 2   -2   0

 

死の組グループDに入ったセビージャは、ホームにグループステージ初出場のドイツのボルシア・メンヘングラードバッハを迎えた。FWケビン・ガメイロとキャプテンのMFホセ・アントニオ・レジェスが躍動したセビージャは、後半にPK2本を含む3得点を挙げ、快勝を果たした。

 

グループD          勝 分 負 得 失 得失差 勝ち点 

1 セビージャ       1 0 0 3 0  3   3

2 ユベントス       1 0 0 2 1  1   3

3 マンチェスター・C    0 0 1 1 2   -1   0

4 ボルシアMG       0 0 1 0 3   -3   0

 

2連覇を狙うグループEのバルセロナは、アウェイでイタリアのローマと対戦した。開始21分にMFイヴァン・ラキティッチの高速クロスにFWルイス・スアレスが頭で合わせて先制する。しかし、右SBとしてリーグ戦全試合出場を果たしている、ローマのアレッサンドロ・フロレンツィに約50メートルの位置からロングシュートを決められ、1-1の引き分けで試合を終えた。

 

グループE         勝 分 負 得 失 得失差 勝ち点 

1 レヴァークーゼン   1 0 0 4 1  3   3

2 バルセロナ      0 1 0 1 1  0   1

3 ローマ        0 1 0 1 1  0   1

4 バテ・ボリソフ    0 0 1 1 4   -3   0

 

久しぶりにチャンピオンズリーグの舞台に戻ってきたグループHのバレンシアは、ホームにロシアのゼニトを迎えるが、打ち合いの末2-3で敗戦を喫した。ブラジル代表のFWフッキに、前半のうちに2得点を許すが、後半、DFジョアン・カンセロと先日怪我から復帰を果たしたMFアンドレ・ゴメスの得点で同点とする。しかし、ゼニトのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルのゴールで勝ち越され、試合は終了した。

 

グループH       勝 分 負 得 失 得失差 勝ち点

1 ゼニト      1 0 0 3 2  1   3

2 リヨン      0 1 0 1 1  0   1

3 ヘント      0 1 0 1 1  0   1

4 バレンシア    0 0 1 2 3   -1   0

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.