プレミアリーグプレミアリーグ

15/09/13チェルシー、まさかの3敗目 深刻な低迷にもモウリーニョは「毎日幸せ」

チェルシー(イングランド)は現地時間12日(土)、プレミアリーグ第5節でエバートンにアウェイで1-3と敗れた。低迷が続く昨季王者だが、ジョゼ・モウリーニョ監督はチェルシーを率いることの喜びを強調している。

エバートンFWスティーブン・ネイスミスにハットトリックを許したチェルシーは、早くも今季3敗目。開幕から5試合で勝ち点わずか4の暫定16位と低迷している。

モウリーニョ監督は試合後、次のように述べている。クラブの公式サイトが伝えた。

「我々はもっと良い結果に値した。今は落ち込んでしまっている。最大の懸念は、すべてが我々にとってうまくいかないことだ。ミスをしていることは分かっているが、すべてのミスがすぐに罰となる。すべてがより難しくなっているんだ」

「我々は連勝する必要がある。選手たちが再び笑い、FWがゴールを決め、DFがミスをしないことが必要だ。自信が必要なんだ。すべてがうまくいかない今、自信が非常に重要となる。自信がない状態でサッカーをするのは簡単じゃない」

モウリーニョ監督は、チェルシーの指揮官であることにどう感じるかと問われ、こう答えた。

「喜びだ。名誉であり、毎日が幸せだ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.