プレミアリーグプレミアリーグ

15/09/12R・マドリー移籍が破談のデ・ヘア、マンチェスター・Uと契約延長!

マンチェスター・U(イングランド)は現地時間11日(金)、GKダビド・デ・ヘアと新たに2019年までの契約を結んだことを発表した。さらに1年の延長オプションがついている。

24歳のデ・ヘアは2011年にA・マドリー(スペイン)からマンチェスター・Uに加入し、正守護神として活躍。175試合に出場している。だが、この夏はR・マドリー(スペイン)への移籍が騒がれた。

ルイス・ファン・ハール監督はプレミアリーグ開幕から、去就騒動に揺れているとしてデ・ヘアを起用せず。そして移籍市場最終日、両クラブはデ・ヘアの移籍で合意したが、書類手続きが間に合わずに取引が成立しなかった。

最終的にマンチェスター・Uに残留することになったデ・ヘアは、クラブとの契約を延長することを決断した。デ・ヘアはクラブの公式サイトで、次のように述べている。

「マンチェスター・Uでのこの新たな章を始められることをうれしく思う。僕はずっと、ファンタスティックなファンの前で、この素晴らしい選手たちと一緒にプレーすることを楽しんできた」

「マンチェスター・Uは特別なクラブで、オールド・トラフォードは僕がキャリアを積み重ねていくための理想的な場所だ。難しかった夏のことは終わりにして、向上し、成功に向けてチームメートを助けるためにハードワークに集中したい」

一方で、ファン・ハール監督も喜びを表している。

「ダビドが新契約にサインして非常にうれしい。彼は世界最高の守護神の一人だ。これから何年も彼がチームの一員になることを、とてもうれしく思っている。ダビドは昨季、非常に重要な貢献をしてくれた。そして過去2年、チームの年間最優秀選手だ。人気のある選手で、さらに学んで向上しようとする。GKとしてはこの若さだから、彼はまだ何年もやっていける」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.