メキシコ・その他

15/09/05オランダ代表とバイエルンに痛手、ロッベンが1カ月の離脱

バイエルン(ドイツ)は現地時間4日(金)、オランダ代表FWアリエン・ロッベンが、左太ももの負傷で1カ月離脱すると明らかにした。

ロッベンは3日(木)に行われたEURO2016予選のアイスランド戦で、前半に負傷交代を余儀なくされた。バイエルンによると、左内転筋を痛めたとのことで、4週間離脱と発表されている。

これにより、ロッベンは6日(日)に行われるEURO予選のトルコ戦には出場できない。オランダ代表にとっては大きな痛手だ。

オランダはアイスランドに敗れ、グループAの3位に甘んじている。自動的に本大会出場権を得られる2位チェコとは勝ち点6差。プレーオフ出場が懸かるトルコとは同1差で、6日のアウェーでのトルコ戦は生き残りを懸けた直接対決だ。その大事な一戦で、新たにキャプテンに就任したロッベンを欠くこととなった。

一方で、バイエルンにとってもロッベン離脱は痛手となる。22日(火)に予定されているブンデスリーガのボルフスブルク戦や、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ最初の2試合を欠場することとなる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.