プレミアリーグプレミアリーグ

15/09/01マンチェスター・U、ヤヌザイがドルトムント移籍で再び香川の同僚に チチャリートもドイツへ

マンチェスター・U(イングランド)が現地時間31日、3選手の移籍を発表した。注目は、MFアドナン・ヤヌザイのドルトムント(ドイツ)移籍だ。

2013年にマンチェスター・Uに加入し、MF香川真司とのポジション争いも騒がれたヤヌザイが、ドイツの地で再び香川のチームメートとなった。両クラブによると、ヤヌザイは今季終了までのレンタル移籍となる。

ドルトムントで背番号9を纏うことになったヤヌザイは、ドルトムントの公式サイトで、「ドルトムントは偉大なクラブだ。ここのファンは本当に素晴らしいよね。チームと一緒に大きなことを成し遂げたい」と意欲を見せた。

一方で、マンチェスター・Uからはもう一人のビッグネームがドイツに向かった。FWハビエル・エルナンデスが、レバークーゼン(ドイツ)に完全移籍している。

昨季、R・マドリー(スペイン)にレンタル移籍していた“チチャリート”は、完全移籍が実現しなかったことでマンチェスター・Uに復帰したが、再びチームを去ることになった。レバークーゼンとは3年契約を結んでいる。

さらに、マンチェスター・Uは控えGKアンデルス・リンデゴーアもWBAに移籍した。フリートランスファーでの完全移籍となる。

控え守護神を放出したことで注目されるのが、GKダビド・デ・ヘアのR・マドリー移籍だ。マンチェスター・Uはデ・ヘアを放出する代わりにR・マドリーからGKケイロル・ナバスを獲得すると言われており、リンデゴーア放出はGKロメロもいるなかでナバスを迎え入れる準備とされている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.