プレミアリーグプレミアリーグ

15/08/25早くも批判されるR・マドリー、ベイルは「これからゴールを量産」 ベンゼマは残留強調

R・マドリー(スペイン)に所属するFWカリム・ベンゼマが現地時間24日、SNSで残留を強調した。

夏を通じて去就が騒がれ、アーセナルやマンチェスター・U(以上イングランド)などが関心を寄せていると噂されるベンゼマ。だが、ツイッターで同選手は「ファンを誤解させようとしたがる道化師たちへ。ここは僕の家だ! アラ(万歳)、マドリー」と移籍の可能性を否定している。

一方、プレシーズンマッチの4試合に続き、リーガエスパニョーラ開幕戦となったスポルティング・ヒホン戦でも得点を挙げることができず、ラファエル・ベニテス監督の新体制が批判されているR・マドリーだが、FWガレス・ベイルは次のように述べた。クラブの公式サイトが伝えている。

「僕らは学び、練習し、改善しているところだ。試合のたびに僕らは強いユニットとなっている。もちろん、攻撃的なチームになっていく。守備の改善が必要だけど、エキサイティングなチームになるために練習しているところだ。すべてに勝つためにね。まだ開幕戦が終わっただけだ。得点はなかったけど、僕らはこれからゴールを量産していくはずだよ。僕は100%確信している」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.