日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/12/18【日本代表】宿敵を超えろ。未来をかけた日韓決戦

(写真:Getty  Images) 

E-1日韓戦が近未来とその先につながる理由

特別な日韓関係。狙うは森保J初タイトル

 日韓戦はいつだって熱戦、激戦となる。

 今大会はここまで、スタジアムへの集客で苦戦するなど韓国内でも世間的な波及は小さい現状である。

 では、隣国のライバル同士の対決となると、はたして空気はどうなるか。スポーツと政治は切り離して考えるべきという基本的な姿勢はもちろん大切だが、どうしても今年に入ってからの日韓両国の対立がこの一戦に影響するか否かは気になるところ。ここ釜山での取材の日々はとても平穏で、われわれメディアを含む日本人来訪者が何か弊害を被ることはない。ただ、同じく韓国で開催された13年の東アジアカップ(E-1選手権の前身大会)では、両国サポーターの一部行動がスポーツ的な観点から問題視された過去もある。あらためて日韓戦は、あらゆる要素がはらみ内包された、国と国のプライドをかけた代理戦争になりがちだ。

 選手たちも激しいバトルになることを覚悟している。「韓国は必ず激しくくる」(森島司)と敵地で迎える一戦に気を引き締める。ソウルで挙げた13年の勝利は、日本にとっては格別な記憶だ。当時のチームもJリーグ組主体で、エースに抜擢されたのは柿谷曜一朗。韓国戦で大観衆を沈黙させる2ゴールを決め、手繰り寄せた優勝。もちろん狙うはその再現である。

 何より、森保ジャパンはここまで公式大会で頂点に立つことができていない。五輪世代で戦った18年のアジア大会では決勝で韓国に敗北。今年1月に行われたアジアカップはファイナルでカタールに屈した。

 横内昭展コーチが指揮したトゥーロン国際大会でも、決勝でブラジルに力負け。ここまでは完全にシルバーコレクターだ。

日本が知る成長と強化の成功体験

 13年の東アジアカップ優勝を契機に、柿谷、山口蛍、森重真人、青山敏弘、大迫勇也が翌年のブラジルW杯に抜擢された。ただ、あの大会はほかにも柴崎岳や原口元気、槙野智章といったさらに4年後のロシアW杯の主力になったタレントも戦っていた。

 今大会、森保一監督はU-22世代には来年の東京五輪へのサバイバルを、それ以外の選手にはW杯アジア予選招集への競争を促している。そうした近未来の戦いだけにとどまらず、敵地で韓国を倒し手にする優勝がその後の成功体験になり、選手の成長につながっていく。

 日本は経験済みのこのサイクルを、森保ジャパンの初タイトルとともにもう一度手にするときである。

日本代表関連の生放送予定 

EAFF E-1 サッカー選手権2019 決勝大会
・日本 vs 韓国
 12月18日(水)夜7:00〜(生中継 フジテレビ系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.