日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/12/10【なでしこジャパン】主力を脅かす存在は?

(写真:Getty Images)

 なでしこジャパンがE-1に臨む。11日の初戦で対戦する台湾は、E-1出場を辞退した北朝鮮に代わっての出場となる。予選大会では香港、モンゴルに勝利して、中国に0-2と敗れながらも善戦した。ただ、なでしこジャパンにとっては、これから対戦が続く中国や韓国と比べても実力が落ちる相手である。中2日で3試合というスケジュールを考えると、なでしこジャパンは控え組中心で臨むのではないかと予想する。特に日テレ所属の選手は、16日間で6試合という過密日程をこなして釜山に入るため、長谷川唯、籾木結花など直近の試合で長時間出場している選手は、欠場する可能性もある。だが、元なでしこジャパン岩清水梓の穴を埋めている日テレのディフェンスリーダー土光真代は「自分はCBだから、疲労は全然ない。全試合フル出場が目標だったから、この前の途中交代が悔しかったくらい」と、試合出場に意欲的。8日の皇后杯準々決勝では、フィードから3得点を演出するなど好調を維持している。三宅史織も同日の皇后杯で決勝点を決め、I神戸をベスト4に押し上げた。ただ、熊谷紗希(リヨン/フランス)の不在を埋め、代表の最終ラインに定着したいのは松原有沙(ノジマ)、南萌華(浦和)も同じだろう。

 短期決戦では得失点差が順位に直結しやすいため、台湾戦での大量得点も優勝への近道となる。昨年のU-20女子W杯で世界一に導いた林穂之香(C大阪堺)、なでしこリーグ1部昇格に貢献した上野真実(愛媛L)の追加招集組は、チームの刺激となれるか。今季から韓国でプレーしている池尻茉由(水原WFC)の決定力にも期待したい。台湾戦で結果を残した選手が、E-1残りの2試合で再び起用され、そして東京五輪へと進んでいくはずだ。

文・馬見新 拓郎

日本代表関連の生放送予定 

EAFF E-1 サッカー選手権2019 決勝大会

・日本 vs 中国
 12月10日(火)夜7:00〜(生中継 フジテレビ系)
・日本 vs 香港
 12月14日(土)夜7:00〜(生中継 フジテレビ系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.