日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/11/22【日本代表】勢いを加えた新参者。古橋亨梧、上々のA代表デビュー

(写真:Getty Images)

 19日のキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦(1-4)で、神戸のFW古橋亨梧がA代表デビューを飾った。後半頭から[4-2-3-1]の右SHに入り、4点のビハインドを負った反撃戦で確かな存在感を発揮した。

 背番号9を背負った古橋は、投入直後から観衆を沸かせるプレーを披露。豪脚を誇る浅野拓磨の速攻を持ち前の快足で追い、いいスペースにポジショニング。対面の左SBへの素早いプレスでパスコースを限定するなどして、中央大1年次に全日本大学選抜でともに戦ったという右SB室屋成のボール奪取を“アシスト”した。プレスバックも怠らず、守備から攻撃のリズムメークに貢献し、確かな勢いをもたらした。

 代表戦でプレーできたことを「うれしかった」と振り返った古橋は「ゴール前で何本もボールを引き出せたこと」を収穫として挙げる。

 この日のポジションこそ右SHだったが、神戸で叩き込まれてきたのは“いいポジションをとる”という原則。ほかの攻撃陣の立ち位置を見て、ときにトップ下となり、バックラインの背後を狙うCFにも役割を転じた。戦術への順応性の高さを証明した格好だ。さらに、相手を押し込み、柴崎岳ら中盤からの決定的なラストパスを最も引き出したのも古橋だった。「柴崎選手が持ったときにいい動き出しはできていた。そこはすごく見てくれているなと思った」と、森保ジャパンの戦いの中に自らの持ち味を発揮する基盤も見いだしている。

 ただ、得点への欲求はJリーグでの戦いと変わらず、今後への課題も見つめた古橋。「動き出しはもっと研究していかないと。止めて蹴るとか、ワンタッチでシュートとか、違った工夫をもっともっとやっていかないといけない」。

 ミックスゾーンは黒山の人だかり。向上心を口にする古橋にひと際大勢の記者が耳を傾けた。

文・小野 慶太 

Jリーグ関連の生放送予定 

J1リーグ 第32節

・FC東京 vs 湘南ベルマーレ
 11月23日(土)昼1:50〜(生中継 NHK総合)
・清水エスパルス vs 大分トリニータ
 11月23日(土)昼1:50〜(生中継 NHK静岡、NHK大分)
・北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田
 11月23日(土)昼2:00〜(生中継 北海道文化放送)

AFCチャンピオンズリーグ2019 決勝

・浦和レッズ vs アルヒラル
 11月24日(日)夜6:45〜(生中継 日テレジータス、BS日テレ、BS日テレ4K)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.