日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/11/19【日本代表】主力複数不在のベネズエラ戦。競争を活性化させるのは誰だ!?

(写真:Getty Images)

 14日のW杯2次予選キルギス戦に先発した選手から酒井宏樹、吉田麻也、長友佑都、遠藤航、伊東純也、南野拓実の6人が所属クラブに戻った。1トップは引き続き、永井謙佑が先発候補の一人だが、ほかにも、キルギス戦で途中出場した鈴木武蔵、今回のキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦で加わったオナイウ阿道、今回はMFとして招集されている浅野拓磨がおり、明確な序列がない中で森保一監督が誰を起用するのか注目される。

 2列目で気になるのは、南野に代わるトップ下の起用だ。これまでどおりなら中島翔哉が左から中にポジションを移す形が順当だが、いわゆる“南野ポジション”でシャドーストライカーとしての働きを期待するなら、初招集の古橋亨梧が格好のタレントと言える。事実上の2トップとしてFWの選手を2枚並べるプランも考えられるが、今後に向けて厚みをつけておきたい。

 ボランチはロシアW杯組の山口蛍と大島僚太、サポートメンバーだった井手口陽介と実力も経験もある選手がそろう中で、柴崎岳、橋本拳人をどう絡めて構成するか。今回あえて柴崎を日本に連れてきたのは彼をベースに新たな組み合わせを見たい意図があるのかもしれないが、柴崎がいないことを想定した組み合わせもチェックしたいところだ。大島はタイプ的にもその有力候補だろう。

 左右のSBは選手層という意味で、現状もっとも不安要素の多いポジション。酒井、長友は頼りになるが、彼らも常に万全というわけではない。左右のバックアップを担っている安西幸輝も今回は彼ら二人同様所属クラブに戻って不在。アジアカップで一時、酒井の欠場を埋める活躍を見せた室屋成は、あらためてここで自身の力を証明したいところだ。左の車屋紳太郎、佐々木翔にとってはサバイバルの場になる。

 GKは権田修一を休ませるなら川島永嗣の起用が順当だが、柏のJ2優勝を支えた中村航輔が再び台頭すれば競争は活性化する。

日本代表関連の生放送予定 

キリンチャレンジカップ2019

・日本 vs ベネズエラ
 11月19日(火)夜7:00〜(生中継 フジテレビ系)

Jリーグ関連の生放送予定 

J1リーグ 第32節

・FC東京 vs 湘南ベルマーレ
 11月23日(土)昼1:50〜(生中継 NHK総合)
・清水エスパルス vs 大分トリニータ
 11月23日(土)昼1:50〜(生中継 NHK静岡、NHK大分)
・北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田
 11月23日(土)昼2:00〜(生中継 北海道文化放送)

AFCチャンピオンズリーグ2019 決勝

・浦和レッズ vs アルヒラル
 11月24日(日)夜6:45〜(生中継 日テレジータス、BS日テレ、BS日テレ4K)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.