日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/11/19【日本代表】W杯予選ギルギスに敵地で勝利。来年に向けても大きい4戦全勝という結果

(写真:Getty Images)

 14日のW杯2次予選キルギス戦、日本代表は南野と原口のゴールで2-0の勝利。突破に向けて前進した。 

 日本代表は常に結果と内容が同時に問われる宿命にある。ただ、W杯アジア2次予選に関して言えば、より結果にフォーカスすべき。目指すスタイルを深化させていくことも大事だが、相手や環境によっては、割り切った戦いを選択し、より確実に勝利をつかんでいかなければならない。このキルギス戦はまさしく、それが明確に表れた試合だった。

 諸条件を抜きに評価すれば、お世辞にも内容は素晴らしいものとは言えなかった。ミスもあれば、半ば強引なロングボールがラインを割ることも。単独でドリブルを仕掛けてボールを奪われたシーンも一度や二度ではない。守備に関しても、もっと確実に守り切る対応があったかもしれない。ただし、難しいアウェイ戦が3つあった2次予選の前半戦を、4連勝、しかも無失点で終えたことは特筆に値する。組み合わせの運、不運はあるが、グループHでは韓国が2勝2分と苦しみ、グループCではイランが2勝2敗で、イラクはおろかバーレーンにも後塵を拝している状況だ。その中で日本が着実に勝利を重ねている価値は高い。

 “2次予選は突破するだけでなく、どう突破するか”をテーマに掲げていた柴崎岳は、「結果が最優先。それに関しては、今年はいい終わり方ができた」と語る。「来年の3月と6月に向けて、あと1勝すれば決まるかもしれないし、2勝できたら確実に決めることができる」(柴崎)。もし3月に突破を決めることができれば、6月の2試合を新戦力のテストやオプションのトライに当てることができる。来年の夏には東京五輪も控える状況で、早期に2次予選突破を決めることができれば、日本代表は最終予選に向けて大きなアドバンテージを得られるのだ。

 来年3月はホームでのミャンマー戦とアウェイでのモンゴル戦が待つ。今年は今月19日のベネズエラ戦と12月のE-1を残すが、2次予選としてはいよいよ突破を決めにいくターンに突入する。

文・河治 良幸

日本代表関連の生放送予定 

キリンチャレンジカップ2019

・日本 vs ベネズエラ
 11月19日(火)夜7:00〜(生中継 フジテレビ系)

Jリーグ関連の生放送予定 

J1リーグ 第32節

・FC東京 vs 湘南ベルマーレ
 11月23日(土)昼1:50〜(生中継 NHK総合)
・清水エスパルス vs 大分トリニータ
 11月23日(土)昼1:50〜(生中継 NHK静岡、NHK大分)
・北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田
 11月23日(土)昼2:00〜(生中継 北海道文化放送)

AFCチャンピオンズリーグ2019 決勝

・浦和レッズ vs アルヒラル
 11月24日(日)夜6:45〜(生中継 日テレジータス、BS日テレ、BS日テレ4K)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.