日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/10/25【ACL】エースがもたらした勇気。浦和、ACL決勝へ

(写真:Getty Images)

 23日に行われたACL準決勝第2戦、浦和が1-0で広州恒大に勝利。2戦合計3-0のスコアで3度目となる決勝進出を決めた。勝負を決めるゴールを奪ったのはエースの興梠慎三だった。

 GK西川をはじめとする守備陣の奮闘がなければ、あのゴールはなかった。それは興梠本人も自覚する。ただ、ここで決めるのだからエースというもの。それに、分かっていても止められない。クロスに合わせる達人である興梠の動きに、またも相手は屈することになった。

 50分、橋岡から上がってきたクロスに反応した興梠は、相手DFの前に入り込んで“どフリー”に。ジャンプして完璧にヒットしたボールが、ゴールネットに突き刺さった。浦和がこのアウェイゴールをマークした時点で、広州恒大が決勝に進むためには4点が必要になった。

「あのゴールでラクになった」と槙野は興梠を称えたというが、偽らざる本音だろう。守備陣が報われ、相手の息の根を止めた一撃だった。

 実は前半にも、橋岡からのボールで興梠は決定機を得ていた。「あのクロス、ファーに流れてくるような気がして」。その予見にはうなるしかないが、トラップ時に手が当たってしまってハンドをとられ、チャンスを逸していた。「次は決めようと思って」。そして、それをさらっと実現してみせた。

「日本人選手は、やっぱりしっかりしている。マークもしっかりつくし、センタリングが上がったときもしっかり見られている気がする。ACLになると、それが少しおろそかになる」。相手守備陣の緩慢さもあるかもしれない。いやいや、それだけではダントツのACL日本人得点記録を更新し続けられないし、少ないチャンスで結果を得ることもできない。

 攻撃だけではなく、興梠は守備でも多大な貢献をしていた。“ここぞ”の場面で素晴らしい攻守の切り替えから相手を追う。抑えるべきタイミングで、しっかり戻る。関根が裏抜けのランニングをしたあと、WBの位置に入って自陣ペナルティーエリアまで下がり、クロスを入れさせまいとした。そんな興梠の背中が、何よりチームの勇気となった。

「ACL得点王まであと2点? いや、それよりも優勝したいよ」

 頼れるエースとともに、さらなる高みへ。3度目のACL制覇まで、あと一つ。

文・田中 直希

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.