日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/10/15【日本代表】畠中か植田か。冨安負傷で訪れる絶好のチャンス

(写真:Getty Images)

 チャンスが巡ってくるかもしれない。10日に行われたモンゴル戦後、6-0の大勝を飾った陰で後半アディショナルタイムに冨安健洋が左太腿を負傷。試合後、病院に直行すると、翌日に離脱が発表された。畠中槙之輔はモンゴル戦後、「まだ分からない」と慎重な姿勢を崩さなかったが、A代表で4試合ぶり(コパ・アメリカを除く)、公式戦で初の先発出場の機会を得られる可能性が高まった。 

 代表でのプレーについて畠中は「攻撃は充実している」ことを一つの理由としつつ、「守備に集中すればいいと思う」と話す。畠中の最大の特徴、ほかの選手との違いは時にチャンスに直結するようなスルーパスを出してしまうほど質の高い縦パスを中心とした攻撃のビルドアップ能力。となれば意識は攻撃に傾いているのかと思われがちだが、畠中は横浜FMでも日ごろから同様のことを口にしている。「CBの最大の仕事は守備。相手の攻撃を止めないないといくら攻撃面がよくても意味がない」。代表での評価はよりシビアになる。もちろん「あんまり欲張らない」と笑いつつも「チャンスがあれば出したい」と言ったように、持ち味を出さなければ本当の意味でのアピールにはならない。だが、まずは守備の面でも十分にレギュラー争いに食い込める力があることを証明しなければならない。

 もちろん、畠中が出場できるとは限らない。海外でプレーを続け、代表での経験も上回る植田直通が選ばれる可能性もある。冒頭のコメントどおり、それを念頭に置きつつも、一方で「準備はできているし、選ばれたらしっかりプレーする自信もある」と力強く話した。まずは練習でその力があることを森保一監督に主張し、そしてピッチに立ったときにその力を解き放つ準備を進める。

文・菊地 正典

Jリーグ関連の生放送予定 

2019 J1リーグ 第29節

・浦和レッズ vs 大分トリニータ
 10月18日(金)夜7:30〜(生中継 テレ玉)
・ガンバ大阪 vs 川崎フロンターレ
 10月19日(土)昼2:00〜(生中継 NHK BS1)

日本代表関連の生放送予定 

2022 FIFA ワールドカップカタール アジア2次予選

・日本 vs タジキスタン
 10月15日(火)夜9:00〜(生中継 テレビ朝日系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.