日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/09/30【Jリーグ】名古屋の変化。1週間で見せたマッシモ・スタイル

(写真:Getty Images)

 風間監督からマッシモ・フィッカデンティ監督へ指揮官を交代した名古屋。マッシモ体制の初陣となった28日のアウェイ広島戦は1-1の引き分けに終わった。

 サッカーは監督の色が出ると言うが、まさかほんの1週間のトレーニングでここまで変わるとは。新監督の初戦を見ると、名古屋はこれまでとはまったく違うチームに変貌したと言っていい。

 名古屋のスタイルと言えば攻撃だった。たとえ勝てなくても、得点が入らなくても何度もチャンスを作り、相手に脅威を与えていた。それがファンの心をつかみ、満員のスタジアムにつながった。

 しかし、数字は正直だ。前後半合わせてシュート数はわずか3本。ゴールシーン以外で得点の臭いはしなかった。ボールの支配率でも広島に圧倒され、以前の面影もない。

 攻撃の形を作れなかったことについてCBの中谷は「全員が引くぶん、ボールを奪ったあとにつなげられなかった」と感じたという。その感覚は和泉の言葉からもよく分かる。和泉はボールを運ぶことがうまく攻撃に特長のある選手だが、「前半から守備で体力を使い過ぎて攻撃にいけなかった」と語ったように、トリプルボランチで守備に忙殺され攻撃に絡む場面がめっきり減った。

 もちろん、課題だった守備に関しては修正できている場面もあり、マッシモ・フィッカデンティ監督が言うように、この短い準備期間で選手はよく戦術を理解し最後まで戦った。

 しかし残りはあと7試合。引き分けではいけない場面が必ず出てくる。その中で自分たちの特長を出せずに勝てるのだろうか。上位とのアウェイ戦で得たこの勝点1を生かすために、次は攻撃のニュースタイルを見せたい。

文・斎藤 孝一

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.