日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/09/30【Jリーグ】柿谷曜一朗、特別な一戦で示した“クオリティー”

(写真:Getty Images)

 28日の大阪ダービー。先発でピッチに立ったセレッソ大阪の柿谷曜一朗がさすがのパフォーマンスを見せて3-0の勝利に貢献した。

 この日、柿谷が放ったシュートは0本だった。ただし、この日の勝利をけん引したのは紛れもなく背番号8、その人だった。清武の負傷離脱を受けて左SHで先発して3試合目。前々節の川崎F戦は、守備に奔走した。前節の浦和戦では、いいスペースでボールを受けて、前を向き始めた。ロティーナ監督から課せられたタスクを一つひとつ確かめるようにピッチに刻んでいくと、その姿勢に指揮官は合格点を与え、前節の試合後は、「いまのプレーを習慣付けていけば、これから先、彼のクオリティーの高いプレーが出てくることを確信している」との期待感を口にした。

 迎えた今節。舞台は“大阪ダービー”。ホップ、ステップとくれば、次はジャンプ。チームを勝たせる決定的なプレーに期待は高まった。試合に向けた囲み取材では、自身のこの一戦にかけるテーマについて、「守備や組み立てなど要求されていることもこなしつつ、最後の質のところでも、見ている人に楽しんでもらえるプレーを出したい」と話していた。果たして、今節、その言葉をそっくりそのままピッチで表現することになる。1点目は、相手がマークに付き切れない位置で受けて起点となり、3点目は、巧みなフェイントからの絶妙なクロスで水沼のゴールをアシスト。チームの一員としての約束事は果たしつつ、得点に至る過程で遺憾なく“質”を発揮した。

 “ロティーナ・イバン塾”において、少々、出遅れ、今季のチーム内での序列はシーズンを追うごとに下がっていった柿谷だが、指揮官からの信頼を再び高めつつある。リーグ戦での“大阪ダービー”勝利は7年半ぶりというC大阪にとって格別な一戦にて、背番号8が確かな輝きを放った。

文・小田 尚史

 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.