日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/09/27【Jリーグ】浦和撃破。最強のアマチュアクラブに宿る勝者のメンタリティー

 

 25日の天皇杯ラウンド16、浦和vsホンダFCの一戦は、アマチュア最強クラブの呼び声高いホンダFCが、昨年度王者のJ1浦和を2-0で破った。ホンダFCはこれでJリーグ勢を3連破。準々決勝は鹿島と対戦する。

(写真:Getty Images)

 決して偶然起こした“ジャイキリ”ではない。

 昨年度王者に対しても自分たちの攻撃的なスタイルは崩さなかった。「JFLでも練習でもつなぐことしかやっていない。できるだけマイボールを増やして相手を走らせたいと思っていた」(池松)と得意のショートパスでつなぐ攻撃を披露。「ブロックを引いて一発カウンターで事故のような得点で勝って賞賛されても何も面白くない」という信念を持つ井幡監督の下で、スタイルを貫いて力の勝負を制した。特に試合を決めた2点目は、自陣からショートパスをつないで前進し、先制点をアシストした佐々木のクロスを原田が押し込んだ一連の崩しは、ホンダFCのスタイルがJ1にも十分に通用することを証明するシーンだった。

 JFLでは、3連覇中の絶対的な王者として、「相手に引かれることも多い」中で相手を崩し切ってきた絶対的な自信がある。そして常に勝ち続けてきたチームは、「勝つことのメンタリティーがどういうものなのか分かっている選手が増えてきている」(井幡監督)と“勝者のメンタリティー”が備わっている。だから試合の勝負所も逃さない。「後半修正してやることができた。終了間際に2点取れたことはよかった」(松本)と相手がオープンになり始めた試合終盤での2得点でまさに“勝負”に勝ったのだ。

 ただホンダFCに慢心はない。偉業を成し遂げた試合後のミックスゾーンで各選手から聞こえてきたのは、反省の弁。特に「(監督から)ハーフタイムにいつものプレーができていないと叱責された」(池松)と話す前半の内容には、満足していない。貫いてきた攻撃的なスタイルを発揮し切れず、「明らかにロストが多かった。あれではまだまだ全然ダメ」(鈴木)と選手らが思い描く理想とはかけ離れていた。目指しているのはさらに高み。「監督が高い意識を促してくれることはすごく刺激になる」(鈴木雄)。このメンタリティーこそホンダFCの根本的な強さ。昨年度王者撃破という大会史に残る快挙も決して偶然生まれた奇跡ではない。

文・森 亮太

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.