日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/09/10【Jリーグ】ロペス躍動。札幌がルヴァン四強、新たなステージへ

(写真:Getty Images)

 8日、ルヴァンカップ準々決勝第2戦が行われ、ベスト4が出揃った。第1戦で広島を相手に戦勝し、第2戦をアウェイで1-1のドローで切り抜けた札幌はクラブ史上初のベスト4進出。第2戦で貴著なゴールを挙げたのは、元広島のストライカー、アンデルソン・ロペスだった。

 9分、ジェイがGKのキックをヘディングで後ろにそらしたボールを胸で収めたアンデルソン・ロペスは、二人、三人の間を潜り込んでいくようにドリブルで力強く前進した。そして、ペナルティーエリアの手前でクルリと軽やかにターンして利き足の左足の前にボールを置くと、冷静にグラウンダーのシュートをコースへ流し込んだ。第1戦でも2得点を挙げていたブラジル人アタッカーは、古巣に絶大なダメージを与えるゴールを独力で奪ってみせた。

 広島陣営にとっては痛恨の失点だった。「分かっていたプレーでやられた。防がないといけない」。城福監督はファーストシュートで先制されたことも含めて悔やんでも悔やみ切れない様子だったが、言い換えればロペスの一連のプレーは分かっていても止められない高水準のプレーだったということ。第1戦も含めて広島はロペスの推進力と精確なフィニッシュにやられてしまった。

 磐田と対戦したプレーオフステージでも3得点を挙げるなどロペスはルヴァンカップで決定的な働きを見せているが、もうひと仕事が大いに期待される。G大阪とファイナル進出をかけて戦う準決勝も国際Aマッチウィークに組まれており、代表選手たちの欠場が濃厚。背番号11の活躍が必要だ。

「チャンピオンになることは目標でもあるし、全選手、チーム全体の夢でもある。ここまできたら全力で戦って決勝までいき、チャンピオンになりたい」

 目を輝かせながらタイトルへの意気込みを語った、15日で26歳になる若きアタッカー。まだまだ未完で多分にムラッ気もあるが、大きなスケールを持つことは間違いない。こういうアタッカーがカップ戦では頼りになるものだ。

文・寺田 弘幸

日本代表関連の生放送予定 

2022 FIFA ワールドカップ カタール アジア2次予選

・日本 vs ミャンマー
 9月10日(火)夜9:15〜(生中継 日本テレビ系)

Jリーグ関連の生放送予定 

Jリーグ 第26節

・北海道コンサドーレ札幌 vs ベガルタ仙台
 9月14日(土)昼1:50〜(生中継 NHK札幌)
・鹿島アントラーズ vs FC東京
 9月14日(土)夜7:00〜(生中継 NHK BS1)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.