日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/08/28【Jリーグ】5試合未勝利の川崎にいま必要なもの

(写真:Getty Imaegs)

 J1王者・川崎Fのギアが上がらない。24日のホーム清水戦を引き分けで終え、これで5試合未勝利だ。

 後半のアディショナルタイム。右サイドのCKをジェジエウがヘディングで合わせたボールは、わずかにゴール上へと外れた。そして、試合終了を告げるホイッスルが鳴り響く。鬼木監督が就任して以降、初の5試合勝ち星なしが決まった瞬間だった。

 ここ数試合と比べ、この清水戦の内容は決して悪いものではなかった。ボールを支配しながら、奪われてもすぐに奪い返すことができるコンパクトさを維持。速攻と遅攻を織り交ぜ、幅を使った攻撃もできていた。ゴールに近づく回数が増えていたのは間違いない。

 だが、またしても勝てなかった。その理由は何か。相手を突き放す追加点を奪えない攻撃面か、一瞬のスキを見せてミスから失点を喫している守備面か、それとも勝利に導けない監督の手腕なのか̶。

 もちろんどれも当てはまっていると言える。今節もチャンスを決め切ることができず、「二つとも防げた失点だった」と守田が言うように自分たちのミスから失点を重ねている。その上で、結果として指揮官は勝利をもたらす采配を振るうことができていない。

 また今季、連覇中の王者に対する他チームの姿勢が変わっているのは事実で、そういった相手を打ち破るための解決策を、いまだに見いだせていないこともまた事実としてある。

 一気にすべてを変えることはできない。どこが問題でどこを整理する必要があるのか。あらためて見つめ直し、一つずつ問題を解決していかなければならない。残り10試合だが、考え方によればまだ10試合もある。試合前に阿部や谷口が言っていたように、いま一度チーム全体で「同じ方向を向くこと」で勝利への道筋を示したい。

文・林 遼平

Jリーグ関連の生放送予定

 

AFCチャンピオンズリーグ2019 準々決勝

・広州恒大 vs 鹿島アントラーズ
 8月28日(水)夜8:45〜(生中継 日テレNEWS24)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.