日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/08/23【Jリーグ】首位・FC東京の正念場。札幌から幕を開けるアウェイ8連戦

(写真:Getty Images)

 広島相手に苦戦の末、敗北。首位・FC東京は少ないチャンスしか作ることができず、前節ホームで無得点と沈黙した。

 前線からの守備圧力で敵からリズムとボールを奪い、ファストブレイクでゴールに迫る。もはやサッカーファンには言わずと知れた、長谷川監督率いる現在のFC東京スタイルである。一方、広島戦前の2試合は、戦術的駆け引きと夏場の暑さも相まって、前半はプレスを自重し後半に本来のスタイルを実践。C大阪と仙台相手に快勝した。前節の広島戦も、一見同様の戦術を選択したように見えた。だが、実際は違った。

「今回はいつものようにアグレッシブに前からいこうとした。だけど、相手の3バックにプレスがハマらず、下がる時間が長くなってしまった」(永井)

 自分たちの意志ではなく、相手に下げられてしまった。本来のサッカーを出させてもらえなかったことで、苦しんだ90分間だったと選手は振り返る。

 ここで浮上するのが、3バックへの対応だ。2トップ+左右のSHが果敢に相手4バックのビルドアップを抑えにいく形はリズムをつかみやすい。しかし3バックに対しては布陣のミスマッチを突かれ、プレーラインを高くできない。東は「夏場なので、ある程度運動量を抑えながらバランスよくプレーするのも大事。ただ、いざ自分たちが前にいきたいときにいけないという状況は避けないといけない」と語る。

 3バックの札幌が相手の今節。ましてやFC東京は広島時代から“ミシャスタイル”を苦手にする。敵将の攻撃的なサッカーを真正面に受けてしまうようでは、今回も苦戦は必至だ。永井は広島戦を踏まえ、打開策を語る。「大体3バックのチームはボランチが一人落ちて4枚でビルドアップする時間帯がある。そこを逃さずに、普段の4バックに対してかけるような圧力を柔軟にかけていきたい」。敵の可変布陣を見逃すことなく、ここぞの場面で能動的に守備を仕掛けられるか。

 また、ハードワークが身上のFC東京に追い風となるのが試合環境。会場は、空調のある涼しい札幌ドームである。「過去2年逆転負けを喫しているからこそ、今回は積極的な戦いで勝ちたい」(東)。苦手意識を払しょくするためにも、アグレッシブに戦う。

文・西川 結城

Jリーグ関連の生放送予定

Jリーグ 第24節

・北海道コンサドーレ札幌 vs FC東京
 8月24日(土)昼0:56〜(生中継 北海道テレビ)
・ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪
 8月24日(土)夜7:00〜(生中継 NHK BS1) 

AFCチャンピオンズリーグ2019 準々決勝

・上海上港 vs 浦和レッズ
 8月27日(火)夜8:15〜(生中継 日テレNEWS24)
・広州恒大 vs 鹿島アントラーズ
 8月28日(水)夜8:45〜(生中継 日テレNEWS24)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.