日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/06/26【ACL】浦和、逆転で勝ち上がれるか。1-0から始まる火事場の馬鹿力

(写真:Getty Images)

 26日、浦和が蔚山現代とACLラウンド16第2戦をアウェイで戦う。ホームでの第1戦を1-2で落とした浦和は、逆転でベスト8へと駒を進められるか。

 2点差以上での勝利が勝ち抜け条件となった第2戦だ。早めに1点を奪いにいくことが理想ではある。ただ、「相手の狙いはカウンター」(橋岡)、「警戒して戦わないとやられてしまう」(森脇)。第1戦、ボールを失ったところからファン・イルスに高速ドリブルを許して失点したように、スペースが空けば彼やイ・グノ、ジュニオール・ネグランといった選手たちが虎視眈々と狙うカウンターがある。むやみに攻め入るだけでは、相手の思うツボだ。

「ゲームの進め方を賢くやらなければいけない」とディフェンスリーダーの槙野。必ず数的優位で守ること、止めるべき場面でファウル覚悟のタックルで防ぐことなど、全体として細心の注意を払う必要がある。その上で、先制点を狙うべきだろう。 1-0とすれば、相手は「もう1点を与えたら敗退してしまう」と下がり気味になり、浦和が押し込むことも可能だ。蔚山現代を「やられたくない」というネガティブなマインドにさせたい。

 浦和はこれまで、何度もACLの2ndレグでの逆転を達成してきた。それはホームのことが多かったが、平日夜の蔚山での試合は、相手サポーターがあまり多く駆けつけないことも予想される。浦和サポーターにはホームジャックを期待したい。先述のとおり、“火事場の馬鹿力”は浦和にとって十八番。1-0と先行すれば、そのチャンスはさらに広がる。それに、大槻監督が就任して2試合は後半アディショナルタイムでの得点によって勝点を獲得してきた。指揮官にとっても、その成功体験がある。長澤が語るように「選手をモチベートするのがうまい」大槻監督の下、「多くの選手に出場機会が与えられるようになり、能力を見て、力を発揮させることができている」。それが勝負どころでのパワー発揮につながる。

 だからこそ、1点目をいかにして奪うか。鋭い眼光の裏ではじき出された、“大槻プラン”は見ものだ。

文・田中 直希

Jリーグ関連の生放送予定

AFCチャンピオンズリーグ2019 ラウンド16

・蔚山現代 vs 浦和レッズ
 6月26日(水)夜7:45〜(生中継 日テレジータス

2019 JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ

・ベガルタ仙台 vs 名古屋グランパス
 6月26日(水)夜6:50〜(生中継 フジテレビTWO
・セレッソ大阪 vs FC東京
 6月26日(水)夜6:50〜(生中継 フジテレビNEXT

2019 Jリーグ第17節

・FC東京 vs 横浜F・マリノス
 6月29日(土)夜7:00〜(生中継 NHK BS1)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.