リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/05/15【ラ・リーガ】遅れて駆け上がってきたバレンシア。CL出場権確保へ視界良好

(写真:Getty Images)

 両者のモチベーションはまったく違う。

 バジャドリーは残留決定済みでこの最終戦はホームのファンと祝福するためにある。前節ラジョ・バジェカーノ戦に勝利(2-1)し、残留争いのライバル、セルタとジローナが敗れたことで残留が決定。元レアル・マドリーのレジェンド、ロナウド会長は「君たちは私に最高の人生最高の日をプレゼントしてくれた」とチームに最大限の賛辞を送った。セルヒオ監督もスタッフと選手を労い3日間の休暇を与えた。今週土曜日の試合にはたった2回の練習で臨むことになる。冬の移籍市場で加入し、ラジョ・バジェカーノ戦80分の“残留ゴール”を含めて3ゴールを挙げたヒーロー、セルジ・グアルディオラ、プレー時間3000分を超えるフル稼働ぶりだったカレロ、ナチョ、オリバスらはもう休ませてあげてもいいのではないかと思う。

 2週間前までは降格の有力候補だった。残留ラインまで2ポイント差で後半戦絶好調のアスレティック・ビルバオ戦と直接のライバル、ラジョ・バジェカーノ戦を残していた。が、それに連勝し、1年前の昇格組として降格したウエスカ、ラジョ・バジェカーノの二の舞にはならなかった。ファンの前だからみっともない戦いはできないし、できれば勝ちたいだろう。しかし、最大の目標を苦しみ抜いて達成した今、たとえ敗れたとしても怒る者は誰もいないだろう。

 一方、バレンシアにはCL出場権が懸っている。勝利すればもちろん、勝てなくてもヘタフェと同じ結果であれば4位が確定する。前節アラベスに逆転勝利(3-1)、ヘタフェが敗れたことでついに念願の4位の座を手に入れた。前半戦終了時には勝ち点23で11位に低迷していたチームである。が、そこからの18試合で35ポイントを稼いで順位表を駆け上がってきた。

 もともと力のあるチームである。予算額はレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーに次ぐ4位で、ライバル視されるセビージャよりも上。スペイン代表のガジャ、パレホ、ソレール、ロドリゴを擁し、セビージャが資金不足のため手放さざるを得なかったコンドグビア、ガメイロもいる。先週敗退が決まったがELでは準決勝まで勝ち上がり、コパ・デルレイでは決勝でバルセロナと対戦することが決まっている。前半戦の不調に驚く者はいても、CL出場権確保に驚く者はいないだろう。

 上り調子のまま、お祭りムードのバジャドリーに順当に勝利し、試合後は両チームの選手と両チームのファンが一緒にお祝いをするという、めったにない光景が見られそうである。

 

スペイン・ラ・リーガの生放送予定

リーガエスパニョーラ第38節

・レバンテ vs アトレティコ・マドリード
 5月18日(土) 夜7:55〜(生中継 WOWOWライブ
・バリャドリード vs バレンシア
 5月18日(土) 夜11:00〜(生中継 WOWOWライブ
・エイバル vs バルセロナ
 5月19日(日) 夜11:00〜(生中継 WOWOWライブ

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.