日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/05/11【Jリーグ】J1首位・FC東京、フル回転を続ける“パパ・ディエゴ”

(写真:Getty Images)

 開幕当初は、仲間内からも「ディエゴがまだちょっと重たいかな…」といった声がちらほら飛び交っていた。ただ、それも時間の問題。いつかくる爆発のときを、皆が待っていたに過ぎなかった。

 待望の時期はすぐにやってきた。4月は通算5ゴール。さらにルヴァンカップでも点を決めるなど、大会や相手にかかわらず、敵にすると手のつけられない状態だ。「ディエゴ、ヤバイね!」。最初はエンジンのかかり具合いを少し心配していたほかの選手たちも、味方ながら毎試合舌を巻く大活躍の連続だった。

 プレーの特長を細かく挙げる必要はもうないだろう。昨季も同様に爆発した時期はあった。そのころに見せた万能型の才は今季も健在。力強さもあり、足元の技術もある。スピードも、ドリブル能力も高い。ケチのつけようがないストライカーは、今季もこのタイミングで才能を惜しみなく開花させる。

 ただ、今季の彼には一つ、変化した点がある。3月末、待望の第一子が誕生した。すると、その直後のリーグ戦から一気にゴールラッシュがスタート。とりにとって、出場した公式戦で6試合連続得点を記録。いまやゴール後に親指を口に加える「おしゃぶりパフォーマンス」は恒例となり、「パパになることがこれほどの喜びになるとは。幸せです」とかみ締める。父の強さ、ここにありだ。

 守備での貢献も見逃せない。前線からの献身的な守備は長谷川監督率いるチームには欠かせない要素。昨季は時折サボる瞬間もあったが、今季はここまで前からのプレス、さらには自陣にまで素早く戻り陣形を整える組織的な動きなど、監督の要求により細かく応える姿が見られる。強烈な個だけでなく、組織人としての振る舞いもまた、申し分ない。

 パパとなった青赤のエース。攻守両面でフル回転は続く。            

文・西川 結城

Jリーグ関連の生放送予定

 

J1リーグ 第11節

・サガン鳥栖 vs ガンバ大阪
 5月11日(土) 昼2:00〜(生中継 NHK BS1)
・ベガルタ仙台 vs サンフレッチェ広島
 5月12日(日) 昼1:05〜(生中継 NHK仙台)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.