プレミアリーグプレミアリーグ

19/05/03【プレミア】クロップの腕の見せ所。二兎を追うリバプールの正念場

(写真:Getty Images)

 28年ぶりの国内リーグ制覇へ、逆転での優勝を目指すリバプールは、第37節で武藤嘉紀の所属するニューカッスルと対戦する。首位を走るマンチェスター・シティとの勝点差はわずか「1」。シティにプレッシャーをかける意味でも勝ち点3がマストな一戦となる。

 とはいえ、リバプールにとって気がかりなのがCLショックだ。水曜日に行われたバルセロナとのCL準決勝第1戦は、決して内容こそ悪かったわけではないが、メッシに2得点を奪われるなど0-3で完敗。大きなアドバンテージを相手に許す形で帰国の途に着くことになった。

 これで来週の第2戦は逆転のために大きなパワーを必要とすることは間違いなく、週末のゲームに対するモチベーションが非常に難しい状況になっている。もちろんプレミアリーグも逆転優勝のために負けるわけにはいかず、自ずと気持ちが高まることは考えられるが、CLを含めてどのように選手たちの士気を上げていくかはクロップ監督の腕の見せどころとなるだろう。

 選手起用に関しても復帰したばかりのフィルミーノを使うのか、CLで負傷交代したケイタの穴をどうするかは、ニューカッスル戦でのポイントになる。一週間で2つのタイトルを同時に失う可能性もあるだけに、リバプールにとって正念場の一戦となるのは明らかだ。

 一方、ベニテス監督の契約問題が話題に上がるニューカッスルは、すでに来季のプレミアリーグ残留を決定。残すは一つでも順位を上げる戦いとなる。来季の契約を継続させるために結果を求める選手もいるだけに、モチベーションは決して低くない。対戦相手がリバプールということを考えても、これ以上ないアピールの舞台に燃えている選手は多いだろう。

 武藤にもチャンスが訪れる可能性がある。前節のブライトン戦でアヨゼ・ペレスが前半のうちに負傷交代。けがが癒えなければ、先発に名乗りを上げることも考えられる。出場した際には、注目ポイントの一つと言えるだろう。

 最終盤を迎えるプレミアリーグ。リバプールが敗れればシティの優勝が決まる可能性もあるが、4日の深夜27:45にキックオフする試合はどんな結末が待っているのだろうか。

文・林 遼平

イングランド・プレミアリーグの生放送予定

プレミアリーグ第37節

・ニューカッスル vs リバプール
 5月4日(土) 深夜3:38〜(生中継 J SPORTS 2
・マンチェスター・シティ vs レスター
 5月6日(月) 深夜3:53〜(生中継 J SPORTS 4

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.