日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/03/19【日本代表】大迫不在。香川、南野、鎌田、鈴木は新たな可能性を生み出せるか

(写真:Getty Images)

「大迫頼みの攻撃の戦術というところは私も質問を受けたり、いろいろなところで見聞きしたりしている」。メンバー発表の会見で森保一監督が言及したとおり、大迫勇也がいない状態でいかに前線のいいオーガナイズを作り出していくかは、森保ジャパンが抱える最も大きな課題の一つだ。しかし、FWに鈴木武蔵と鎌田大地を選び、ポストプレーのスペシャリストを一人も選ばなかったのは、森保監督なりの解決プランがあるからだろう。

 メンバー構成から最も想定しやすいのはMF登録の南野拓実を1トップ気味に配置し、その後ろに香川真司あるいは鎌田というタメを作れる選手を置く形。1トップがいきなり縦のクサビのパスを収めるシチュエーションを減らし、代わりに一つ手前で起点を作るオーガナイズだ。南野はゴールに直線的な仕掛けやコンビネーションに優れる一方で、リズムに変化を加えたり、タメを作れたりするタイプではない。これまでは大迫が幅広くポストワークをこなすことで、前を向いて仕掛けることができた。

 鈴木もサイズは大きくコンタクトプレーに強いが、よりゴールに直結するプレーで持ち味を発揮するストライカーなので、そもそも大迫と同じ仕事を期待すれば失望に終わる可能性が高く、森保監督としてもそこを過度に期待することはないはずだ。ただ、高さや身体能力という武器は有効で、時間帯や状況によっては南野との2トップをテストする意味はあるかもしれない。

 鎌田と南野がコンビを組む場合も発表時のポジション分類と逆になるが、鎌田が下がり気味になるはず。ただ香川がトップ下に入るときに比べると、高めの位置で南野と頻繁にポジションチェンジができる関係を構築していくかもしれない。

文・河治 良幸

日本代表関連の生放送予定

キリンチャレンジカップ 2019

・日本 vs コロンビア
 3月22日(金) 夜7:20〜(生中継 日本テレビ系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.