日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/02/18【ACL】広島、厳しい戦いを覚悟。ACL本戦へ、“我慢”が最重要ポイント

(写真:Getty Images)

 19日のACLプレーオフに備え、広島は1月15日に全体練習を開始して6週間をかけて準備を行ってきた。タイと鹿児島でのキャンプを終え、城福監督はここまでの調整に上々の手ごたえを得ている。
「19日の試合(チェンライU戦)はコンディションの整った選手の中からピックアップしてメンバーを決めていかないといけないと覚悟していたけど、ケガ人以外の選手はほとんどコンディションが整っている。そこはうれしい誤算」

 ただ、そのケガ人が主要選手ばかり。青山、稲垣、林とチームの支柱が離脱しており、パトリック、柴、野上はコンディション調整途上だ。よって、経験の浅い選手たちが多く並び、昨季の主フォーメーションだった[4-4-2]から[3-4-2-1]へ変更することも相まって、フレッシュ感に満ちたチームが登場するだろう。“新生・広島”と形容してもいいチームで広島は3年ぶりのACL出場をつかみ取りにいく。

 広島広域公園陸上競技場に乗り込んでくるチェンライ・ユナイテッドは、昨季にタイのFAカップとリーグカップを制覇して国内二冠を達成したチームで、12日にヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー)を3-1で破ってプレーオフ進出を決めている。「キックの一振りをもっている選手が何人かいる。スキを与えると危ない」と警戒を口にする城福監督は、「ここ数年でアジア各国の力の差は本当に縮まっている。非常に厳しい戦いになると覚悟しているし、勝たないといけない相手ではなく、ここを乗り越えて最高の形でJリーグに入りたいと思っている」と格下相手との試合ではないことを強調した。

 シーズン初戦であることに加え、連係面の成熟度はこれから上げていくチーム。攻撃の旗手となる野津田が「自分たちのやりたいサッカーができなくても我慢して戦うことが重要になる」と話しているとおり、我慢が最も重要なポイントになる。

文・寺田 弘幸

Jリーグ関連生放送予定

AFCチャンピオンズリーグ

・サンフレッチェ広島 vs チェンライ・ユナイテッド
 2月19日(火) 夜6:45〜(生中継 日テレジータス
・鹿島アントラーズ vs ニューカッスル・ジェッツ
 2月19日(火) 夜6:45〜(生中継 日テレNEWS24)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.