プレミアリーグプレミアリーグ

19/02/02【プレミア】シティvsアーセナル。過密日程の中で問われる力

(写真:Getty Images)

 連戦の難しさか、ミッドウィークに行われた第24節は上位陣が軒並み苦しい試合を強いられた。火曜日には2位のマンチェスター・シティが敗れ、公式戦8連勝中のマンチェスター・ユナイテッドの連勝がストップ。水曜日にはチェルシーがボーンマスに0-4の大敗を喫し、首位のリバプールも引き分けに終わった。苦しみながらも勝利を収めたアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢を除けば、上位チームがすべて勝ち点を失ったのである。

 この結果は、今後のプレミアリーグの上位争いをさらに混沌とさせるかもしれない。今後はCLなど気の抜けないカップ戦も入ってくることから、よりスケジュールが過密になってくる。その中で勝ち点を失う試合が出てくるのは多分に考えられ、そこでいかにダメージを少なくしていくかが今後のポイントになってくるだろう。タイトな日程の中でどうチームを回していくかは指揮官たちの腕の見せどころとなる。

 今週末、最も注目を集める試合はシティ対アーセナルだ。ミッドウィークにニューカッスルに敗れたシティとすれば、首位を追走するためにも連敗は許されない。前節はフェルナンジーニョのミスを含めて隙を突かれる場面が多かっただけに、攻守においていかにグアルディオラ監督がチームを立て直すか。これまでの力を考えれば、アーセナルを粉砕する力を持っているのは間違いない。アグエロを中心とした前線トリオで相手の守備を破壊していきたいところだ。

 一方、ミッドウィークに勝利を収めたアーセナルは、エメリ監督の選手起用が一つのポイント。前節のブライトン戦は久しぶりにエジルを先発起用したが、お世辞にもベストコンディションとは言えなかった。戦術的な面で起用する選手が変わるエメリ監督だが、守備のユニットを含めてシティを相手にどんなメンバーで挑むか。これはこの一戦で注目したい点となる。オーバメヤンとラカゼットの前線は好調を維持しているだけに、中盤の構成力でシティをどうにか出し抜きたいところである。

 2位のシティと4位に浮上したばかりのアーセナル。ビッグゲームを制して勝ち名乗りを上げるのはどちらか。試合は日曜日の1時半キックオフとなっている。

文・林 遼平

イングランド・プレミアリーグの生放送予定

プレミアリーグ第25節

・レスター vs マンチェスター・ユナイテッド
 2月3日(日) 夜10:58〜(生中継 J SPORTS 4
・マンチェスター・シティ vs アーセナル
 2月3日(日) 深夜1:15〜(生中継 J SPORTS 4

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.