プレミアリーグプレミアリーグ

19/01/19【プレミア】悩める5位と4位が迎えるビッグロンドンダービー

(写真:Getty Images)

 CL出場権獲得圏内である4位の座を争う5位アーセナルと4位チェルシーのビッグロンドンダービーが、今週末エミレーツスタジアムで開催される。

 順位を見てもビッグカードなのは間違いないのだが、それほど大きな盛り上がりを見せていないようにも思える。その理由はトップとの順位が離れていることや1月の移籍市場真っ只中ということが挙げられるが、その中でも両者のここ数試合の停滞ぶりも原因の一つと言っていいだろう。

 ホームにライバルを迎えるアーセナルは年末からパッとしない試合が続いている。第19節のブライトン戦に引き分けると年末の第20節リバプール戦では1-5の完敗。翌節のフルハム戦は4-1で勝利したものの、前節のウェストハム戦はよもやの敗戦と良いところがない。けが人が徐々に復帰しているとはいえ、試合に出続けてきた選手たちに疲労が見え始め、エジルは戦術的な理由からメンバー外。冬の移籍市場ではレンタル移籍しか望めず、ラムジーは放出濃厚と、一歩ずつ進んできたエメリ監督はここにきて山場を迎えている。

 順位表を見てもついにマンチェスター・ユナイテッドに勝ち点で並ばれ、今節のビッグマッチを落とすと6位に転落する可能性もある。そういう意味でこの試合の勝敗は今後に大きく影響することは間違いなく、アーセナルにとっては勝利が必須な一戦。システム変更を含めてエメリ監督がどんな手を打ってくるかは一つの注目点だ。

 一方、チェルシーもここ最近の調子は下降気味だ。FAカップの結果を除けば直近6試合で3勝1分2敗と勝ち星を落とす試合が多い。特にこの6試合で3度も無得点で終わっていることは、サッリ監督も気になっている部分だろう。それでも3位のトッテナムとは勝ち点差「1」。しっかり勝ち切って上位に浮上したいのは明らかで、アーセナル戦では勢いをつける勝利が欲しいところだ。

 得点力の面で期待したのは、やはりアザールだ。1月に入ってから未だ得点を奪うことができていないが、今季はここまで10ゴール10アシストを記録。今季最初の対戦となったスタンフォードブリッジのアーセナル戦でも、途中出場からアシストを記録している。また昨年の得点が記憶に新しいが、アザールはアーセナル戦で2年連続得点中。この試合でもチームを勝利に導くゴールを決める可能性は高いだろう。

 どちらにせよロンドンダービーは得点を奪い合うような熱い一戦となることが多い。今季2度目の対決はどちらが勝利を手にするのだろうか。

イングランド・プレミアリーグの生放送予定

プレミアリーグ第23節

・アーセナル vs チェルシー
 1月19日(土) 深夜2:23〜(生中継 J SPORTS 2
・ハダースフィールド vs マンチェスター・シティ
 1月20日(日) 夜10:23〜(生中継 J SPORTS 2

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.