日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/01/09【日本代表】総力戦で挑むアジアカップ。9日初戦トルクメニスタン戦

(写真:Getty Images)

 5日にアジアカップは開幕したが、グループFの日本は9日が初戦となる。

 日本代表は2日に日本を出発し、ドバイ経由でアブダビに移動。最初の2日間はクリケット・スタジアムのサブグラウンドで練習を行い、5日には地元クラブのアル・ワハダと非公開で35分ハーフの練習試合を、6日と7日は国軍が所有するスタジアムで練習を行なっている。コンディショニング中心だった国内合宿から、プレーの強度や連係面などを徐々に高めていたが、4日の練習で守田英正が右太腿裏を痛めて離脱。合流直前のベンフィカ戦で右下腿を負傷した中島翔哉も一度は合流したものの、練習に姿を現すことなく離脱が発表された。

 練習試合は南野拓実の2得点、原口元気の1得点で3-0と勝利した。しかし、前半は引いた相手をなかなか崩せず、攻撃面で課題も出たという。この試合ではCBが本職の冨安健洋がボランチを務めたようだ。森保一監督は明言を避けたものの、「それはみなさんももう分かっていると思います」と認めており、冨安自身も「どこをやるにしても監督からやれと言われたポジションでやるのがあるべき姿」と、福岡で経験していたポジションでの出場にも意欲を示した。

 6日には守田と中島に代わり追加招集された塩谷司と乾貴士、風邪から回復した遠藤航、年明けにプレミアリーグで試合があった武藤嘉紀と吉田麻也が練習に合流した。右臀部を打撲していた大迫勇也は国内合宿に引き続き別メニュー調整が続くなど、決し
て順風満帆な状態ではない。しかしながら、決勝まで7試合を戦う上で、多少危機感をもって大会に入るほうがいい方向に出るかもしれない。

 初戦で前回王者の豪州がヨルダンに敗れるなど、アジアカップは簡単にいかないという空気が戦前から漂っている。そういったことも集中して初戦に入る助けになるだろう。

文:J:COMサッカー編集部

日本代表の生放送予定

AFC アジアカップUAE 2019 グループステージ

・日本 vs トルクメニスタン
 1月9日(水) 夜7:00〜(生中継 NHK BS1、テレビ朝日系)
・日本 vs オマーン
 1月13日(日) 夜10:00〜(生中継 NHK BS1、テレビ朝日系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.