日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/12/14【クラブW杯】50人体制でUAE入り。鹿島、クラブW杯初戦へ“普通”のプレーがカギ

(写真:Getty Images)

 鹿島のクラブW杯初戦が近づいている。相手は北中米・カリブ海チャンピオンのCDグアダラハラ。相手を侮るわけではないが今季のCDグアダラハラは好調とは言えない。前期リーグは5勝5分7敗で18チーム中11位に沈んだ。それでも映像を見た大岩監督は「グアダラハラは強いよ」と警戒。「メキシコ特有の規律正しさ。監督はパラグアイ人だと思うけど守備の意識がしっかりしている」と分析していた。チームキャプテンは38歳になったメキシコ代表のDFカルロス・サルシドだ。

 当然、力量としては相手のほうが格上だ。全力でぶつからなければ勝つことはできない。そこで鹿島はFIFAからの補助は35人ぶんしか出ないが、選手・スタッフ合計50人体制で乗り込んだ。「勝たなければ赤字」(クラブ関係者)と意気込みは強い。

 しかし、在籍選手全員を帯同させることはしなかった。メンバーはベンチ入りできる23人きっちり。メンバー外になることが分かっている選手がいることで士気が下がる影響を懸念。大会には勝ちにきたという態度を徹底した。

 鈴木、三竿健というこのチームの中心を務めてきた選手がいない。少なからず影響が懸念されるが「いまさらウチらのやり方を変えるわけにはいかない」とゲームキャプテンを務める遠藤。「セルジ(セルジーニョ)や(土居)聖真。点をとれる選手がいるので、そんなに心配していない」と自信を見せた。

 大会初戦は簡単ではない。チーム・ウェリントンに大苦戦の末に勝利した元鹿島のカイオは「自分たちでミスをして難しくした」と振り返っていた。チームとしては2年ぶりのクラブW杯であるため、半数の選手はこの舞台を経験している。チーム内で最も世界を知る内田は「国際試合はJ公式の試合とはまったく違う。普通にやれるかどうか」と言った。内田やクォン・スンテや昌子を含め、経験豊富な選手たちが“普通”を示すことが重要になるだろう。

文・田中 滋

Jリーグ関連生放送予定

FIFA クラブワールドカップ UAE2018 準々決勝

・鹿島アントラーズ vs グアダラハラ
 12月15日(土)夜9:30〜(生中継 BS日テレ)
・エスペランス vs アル・アイン
 12月15日(土)深夜1:00〜(生中継 BS日テレ)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.