日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/11/30【Jリーグ】J1残留をかけた瑞穂決戦。名古屋、「決勝戦のつもりで戦う」

(写真:Getty Images)

 J1残留を争う16位・名古屋と14位・湘南が12月1日の最終節、パロマ瑞穂スタジアムで直接対決を迎える。

「決勝戦のつもりで戦う」

 そうエドゥアルド・ネットが言うように、最終節はJ1残留争いの直接対決。勝てば文句なしに残留確定となるが、負ければJ1参入プレーオフに回ることが濃厚だ。

 それでも選手たちの顔に悲壮感はない。風間監督の哲学である“大きい試合も小さい試合もない。目の前の試合にベストを尽くし、前の試合よりいい試合をするだけ”という感覚が選手にも染み付いているのだろう。最終戦に向けほとんどの選手が「やるべきことをやるだけ」と答える。

 ただ試合の状況にかかわらず自分たちのサッカーを貫くかというと、そうでもなさそうだ。前節の広島戦も後半相手に押し込まれると、ボールポゼッションや攻撃に主眼を置くチームがしっかりと守備に回り、失点しないことを第一としたプレーを選択。1点のリードを守り抜き、勝点3を積み上げた。「他会場の状況は知りたくない」と言う選手も多いが、場合によっては闇雲に攻めるのではなく、ミスをしないようにボールを回し、失点しないことを第一に賢くプレーする場面があるかもしれない。

 ガブリエル・シャビエルも「どんなサッカーであろうとも勝つことが大事」と勝利優先。「ホームだしすっきりと自分たちのサッカーで勝ちたいけど、結果を考えれば割り切ることも必要」と、玉田も臨機応変に戦うことの重要性を認識している。

 前半戦の目を覆うような成績を考えれば、自動降格を避けられたのは奇跡的なこと。せっかくここまでたどり着いたのならば、最後は満員のスタジアムで、みんなで笑って終わりたい。

文・斎藤 孝一

Jリーグ関連生放送予定

Jリーグ 第34節

・鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖
 12月1日(土)昼1:50〜(生中継 NHK総合)
・北海道コンサドーレ札幌 vs サンフレッチェ広島
 12月1日(土)昼2:00〜(生中継 北海道文化放送)
・浦和レッズ vs FC東京
 12月1日(土)昼2:00〜(生中継 テレ玉)
・名古屋グランパス vs 湘南ベルマーレ
 12月1日(土)昼2:00〜(生中継 NHK BS1)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.