日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/11/30【Jリーグ】「札幌の仲間と一緒にACLに出場したい」。“タイのメッシ”が握るカギ

(写真:Getty Images)

“タイのメッシ”こと札幌のMFチャナティップは間違いなく今季のJリーグを席巻していた。ボールをもてば奪われない。それどころか切れ味鋭いドリブルでいとも簡単に相手守備を突破していく。身長158cmと小柄ながらも、ボールをもった際にはその姿が一回りも二回りも大きく見える。地方クラブである札幌が上位進出できた要因には間違いなくこの選手の活躍があり、リーグMVP級のプレーを披露していたと言っても過言ではないだろう。

 第25節の神戸戦後にミシャが「神戸にはイニエスタがいたが、われわれにはチャナティップがいた」と発し、世界的なクラッキと同列に評したが、大風呂敷だとは少しも思わない。見る者に脅威を与えるという意味では、チャナティップの衝撃度はアンドレス・イニエスタの華麗さと肩を並べ得るものだと感じている。当の本人は「僕なんて、まだまだ全然ダメですよ」と謙遜するが、そうした姿勢もまた素晴らしいと日々、感じさせられる。

 ミシャとの出会いも大きかった。昨季までは相手ゴール前でパスを選択することが目についたが、「『相手ゴール前ではもっと自分で仕掛けろ』とミシャさんに指導されて、点がとれるようになった」。そのアドバイスを聞き入れた結果、昨季は無得点だったが、今季はここまで7得点。「残り試合ではハットトリックがしたい」と最終戦を前に二ケタ得点への意欲を口にしている。「ミシャさんのサッカーになってからチャンスが増えた。このサッカーの質が高まれば、もっともっと楽しくサッカーができると思う」とも続ける。

 今季末まではムアントン(タイ)からの期限付き移籍だが、来季からは完全移籍となることがすでに決定済み。すでに自身はACLに2度の出場経験があるが、「この札幌のチームメートと一緒にACLに出場したい。札幌のサポーターと一緒にACLを戦いたい」と、異国の地でのACL出場権獲得に向け“小さな巨人”が広島ゴールを強襲する。

文・斉藤 宏則

Jリーグ関連生放送予定

Jリーグ 第34節

・鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖
 12月1日(土)昼1:50〜(生中継 NHK総合)
・北海道コンサドーレ札幌 vs サンフレッチェ広島
 12月1日(土)昼2:00〜(生中継 北海道文化放送)
・浦和レッズ vs FC東京
 12月1日(土)昼2:00〜(生中継 テレ玉)
・名古屋グランパス vs 湘南ベルマーレ
 12月1日(土)昼2:00〜(生中継 NHK BS1)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.