リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

18/11/08【ラ・リーガ】バルサvs「バルサのコピー」?ポゼッションサッカーの激突

(写真:Getty Imahes)

 ともに週中の欧州カップ戦後の試合とあってローテーションをするかどうかがまずは焦点。来週はインターナショナルマッチウィークで休養が取れるため、欧州カップ戦もリーガも同じベストメンバーで臨むという強硬策もできなくはない。

 その必要性が大きいのはリーガで4試合勝利がないベティスだ。前節のセルタ戦は2-0とリードしながら逆転され最後に追い着いた(3-3)。それまで10試合で5得点とまったく点が取れなかったチームが3点取ったと思ったら、堅いはずの守備が崩壊して3失点。攻撃力が向上したら守備力が低下、あちらを立てればこちらが立たずで相変わらず攻守のバランスが取れない。

 とはいえ、このセルタ戦の中盤から前、2ボランチにウィリアム・カルバーリョ、グアルダード、右インサイドMFカナーレス、左インサイドMFデ・セルソ、CFローレンが今のベディスのベストの構成ではないか。勇敢過ぎるポゼッションサッカーゆえにボール出しのミスから即ピンチを迎える危なっかしさはあったものの、失点するまでの60分間はボールをキープしながらチャンスを作る、チャンスを作らせない、という狙いのサッカーができていた。本原稿執筆時点で明日(8日)のELミラン戦、そして週末のバルセロナ戦ともにこの4人でスタートして必勝を期すという手をセティエン監督は打ってきそうだ。

 気になる乾は、ミラン戦でケガ人が出るか、ローテーションした場合しかチャンスがなく、たとえそうであっても先発は難しく途中出場できるかも微妙。前を向けば絶対的な強さを発揮する乾だが、ボール出しとボールキープが不安定な今は前を向かせてもらうようなボールがなかなか出てこない。セティエンのサッカーの要であるこの2点が安定すればチームは上向きとなり乾も上向きとなるだろうが、それまではチーム内での序列を変えるきっかけ(ゴールしかない!)が見えない。

 バルセロナは前節ラージョ戦で危うく勝ち点を失いかけた(2-3)。先制するも逆転され最後はピケをCFにしてロングボールを放り込む、まったくらしくないサッカーで同点、再逆転した。その3日後今度は敵地でインテルを圧倒した(結果は1-1)。クラシコでの5-1で波に乗ると思われたが、リーガは今一つでCLでは絶好調という傾向は変わっていない。

 バルベルデ監督にはローテーションの余地がある。ラフィーニャとデンベレの左サイドは順番から言えばラフィーニャ先発の番だし、左インサイドMFはいつものようにアルトゥールからアルトゥーロ・ビダルへバトンタッチすることになろう。インテル戦で復帰の噂があったメッシは、その試合でベンチにも入らなかったのでベティス戦でも招集外、インターナショナルマッチウィーク後に完全復帰という形になるのだろう。

 戦術的には「バルセロナをコピーした」(セティエン)というベティスとバルセロナの戦いはボールのキープし合い、プレスの掛け合い、ボールの奪い合いにならざるを得ない。

 まずはボールポゼッションでどちらが優位かが第1の見どころ。今年1月の最後の顔合わせは0-5でベティスの惨敗だったが、前半はポゼッションでも内容でもほぼ互角だった。その試合の教訓からすると、第2の見どころは、運動量が落ちる残り30分間でどの程度ボールを維持できるか、第3の見どころは、その時間帯に3バックの弱点である左右ウイングの裏をジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルトに使われた時にどう対策するかとなる。ボールをキープしさえすれば良い、というあまりに潔くシンプルなプランではこの大敗劇の二の舞になりかねない。

文・木村 浩嗣

ラ・リーガ関連生放送予定

18/19 ラ・リーガ 第12節

・ヘタフェ vs バレンシア
 11月10日(土)深夜0:00〜(生中継 WOWOW ライブ
・アトレティコ・マドリード vs ビルバオ
 11月10日(土)深夜2:20〜(生中継 WOWOW ライブ
・ラージョ vs バルセロナ
 11月11日(日)深夜0:00〜(生中継 WOWOW ライブ
・セビージャ vs エスパニョール
 11月11日(日)深夜2:20〜(生中継 WOWOW ライブ
・セルタ vs レアル・マドリード
 11月12日(月)朝4:35〜(生中継 WOWOW ライブ

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.