プレミアリーグプレミアリーグ

18/11/01【プレミア】ライバルを蹴落とせ。アーセナルとリバプールの上位対決

(写真:Getty Images)

 昨季、ホームとアウェイの2試合で10得点が生まれた上位対決だ。開幕2試合こそ連敗スタートとなったものの、そこから公式戦13戦無敗と上り調子の4位・アーセナルと、8勝2敗でいまだリーグ戦は黒星がない2位・リバプール。互いに優勝争いのライバルを蹴落とすために重要な一戦が週末に組まれている。

 好調の両者が相対する一戦だが、両チームを比較した時に決定的に違うデータがある。それが失点数だ。10試合を終えた時点でリーグ2位の4失点と守備の安定感を見せるリバプールに対し、アーセナルはリーグ中位となる13失点を記録。このデータを踏まえても、守備の出来がこの試合を大きく左右する可能性があるだろう。

 ホームのアーセナル側からすれば、不安要素はやはり左サイドバックだ。引き分けに終わった前節のクリスタル・パレス戦では、ボランチが本職のスイス代表MFグラニト・ジャカを起用。直接FKを決めてチームの引き分けに貢献したが、守備面では相手のスピード感あるドリブルに対応するのがやっとだった。今節のリバプール戦では昨季の得点王であるエジプト代表FWモハメド・サラーと対峙する可能性が高く、ジャカを続けて起用する場合は対処法を考える必要があるのは間違いない。勝敗を分けるポイントして注目のマッチアップとなりそうだ。

 一方、リバプールの守備は不変だ。前線からのプレッシングと球際への激しいアタックでボールを奪取。ボールを持ち込まれたとしてもオランダ代表DFファン・ダイクとクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが待ち受ける。さらにゴール前には守護神のブラジル代表GKアリソンもおり、この守備を崩すのは簡単ではないだろう。また昨季同様にボールを奪ってからの素早い攻撃でアーセナル守備陣を崩していくことができれば、勝利に近づくことができるはずだ。

 リーグでも上位につけるリバプールを相手に、アーセナルがどんな攻略法を持って臨むのかが一つの焦点となる。昨季は3-3に終わったアーセナルのホームゲーム。11月4日の2時半から行われる両者の対決は、果たしてどちらに軍配が上がるのだろうか。

文・林 遼平

プレミアリーグ関連生放送予定

18/19 イングランドプレミアリーグ 第11節

・アーセナル vs リバプール
 11月3日(土)深夜2:15〜(生中継 J SPORTS 4
・マンチェスター・シティ vs サウサンプトン
 11月4日(日)夜11:53〜(生中継 J SPORTS 4

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.