日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/10/24【ACL】セミファイナル。逆境で試される鹿島の底力

(写真:Getty Images)

 ACL第1戦で劇的な逆転勝利を挙げて以降、鹿島が勝てていない。公式戦4試合を2分2敗4得点7失点と6連勝で迎えた前回対戦とはまったく違う状況だ。ACLではまばゆいばかりの輝きを放っていた内田も負傷離脱。苦しい流れでアウェイに乗り込む。

 第1戦のような試合をすれば決勝進出は難しいだろう。試合開始から水原三星の激しいプレスを浴びると、6分で2点を奪われる予想外の展開。前半のうちに相手のオウンゴールで1点を返し、試合終了間際にセルジーニョと内田の得点で辛くも逆転に成功できたが、それができたのもサポーターの後押しがあるホームだったからこそ。計算できるはずの山本がミスを重ねたことは痛恨。アウェイゴールを二つも献上したことが重くのしかかる。

 連戦はひと段落ついたが、その期間でチームは満身創痍になった。内田、中村が負傷離脱。レオ・シルバや鈴木もルヴァンカップを欠場した。幸い二人のケガは癒えたものの、今度は遠藤が足を痛めてしまった。小笠原も万全の状態からはほど遠く、選手のやり繰りは難しい。

 それでも、このタイトルだけは逃せない。昨季のリーグ戦から、先日のルヴァンカップ、今季リーグ戦とタイトルをあきらめなければならない経験はもう十分に積んだ。その悔しさを晴らせるのは頂点に登りつめることだけだろう。

 直前の浦和戦では、相手の猛攻をしのいだあとスキを見逃さず先制点を奪うなど、途中までは思惑どおりに試合を進めた。しかし、後半に入ると戦い方が中途半端になり、相手のよさを消すことも、自分たちのよさを出すこともできなかった。
「いまの状況で。試されますね」と鈴木。今季これまで水原三星との3度の対戦は、常に主導権を握れてきた。ゲームの流れをチームで共有し、慌てることなく落ち着いて戦いたい。

文・田中滋

Jリーグ関連生放送予定 

AFCチャンピオンズリーグ2018

・水原三星ブルーウィングス vs 鹿島アントラーズ
 10月24日(水)夜6:45〜(生中継 日テレジータス、日テレNEWS24、BS日テレ)

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会

・浦和レッズ vs サガン鳥栖
 10月24日(水)夜6:55〜(生中継 フジテレビNEXT
・川崎フロンターレ vs モンテディオ山形
 10月24日(水)夜7:00〜(生中継 NHK BS1)

2018 JリーグYBCルヴァンカップ決勝

・湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス
 10月27日(土)昼1:00〜(生中継 フジテレビ系)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.