2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/07/15【ワールドカップ ロシア】ベルギー史上初の3位。記憶に残る美しき高速カウンター

(写真:Getty Images)

 14日、ロシアW杯の3位決定戦が開催され、ベルギーがイングランドを破ってブロンズメダルを手にした。

 試合を動かす先制点を決めたのは、準決勝を出場停止で欠場していた右サイドのムニエだ。左サイドからのクロスに対し、ゴール正面まで長い距離を駆け上がって流し込んだ。

 追いかけるイングランドは、スターリングとケインの2トップを生かした攻撃で反撃を試みたが、決定機を決めきれず前半を折り返す。後半もベルギーを押し込んだが、相手の高速カウンターを喉元に突きつけられながらの戦いだった。後半最大の決定機は、中盤のダイアーがラッシュフォードとのワンツーで相手最終ラインの裏を取り、巧みなチップキックで名手GKクルトワをかわした場面だったが、これはゴールラインギリギリでアルデルヴァイレルトにクリアされてしまった。

 窮地をしのいたベルギーは、終盤に試合を決める追加点をもぎ取った。前線で何度もカウンターの起点となっていたデルブイネにボールが渡ると、10番アザールも一気に加速して走り出す。デルブイネのパスは相手DFの足が届かないギリギリのコースを転がりながらアザールへと渡り、ペナルティーエリア内でGKと1対1となったアザールは、空いたコースにしっかりと蹴り込んだ。

 2-0で勝利したベルギーは、W杯最高成績となる初の3位に。最後の試合でも見せたアザール、デブライネを軸としたタレント軍団の高速カウンターは、記憶に残る美しさだった。

文・西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.