2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/07/11【ワールドカップ ロシア】「1-0」で勝てるのが本当に強いチーム。フランスが決勝へ

(写真:Getty Images)

 事実上の決勝と見られたフランスとベルギーの一戦は、1-0でフランスが勝利し、決勝へと駒を進めた。

 スコアこそ1-0だったが、チームの総合力は明らかにフランスが上回っていた。相手のベルギーが先発メンバーに手を加え選手の立ち位置を変えてきたことで、序盤こそ混乱が見られたが、時間の経過とともにマークをはっきりさせて、徐々に自分たちのペースへと戻していく。ポゼッションは相手に譲ったが、自陣の少し引いた位置で奪ってからしかける高速カウンターは精度が高く、シュートの本数ではフランスが上回った。

 前半のうちに立て直したフランスは、ハーフタイムを挟んだ後半開始早々にゴールネットを揺らした。51分、右サイドからのCK、グリーズマンの左足から放たれたボールを、CBウムティティがヘッドで流し込んだ。

 リードを奪ったフランスは、そこから盤石の逃げ切りを見せる。ラインを下げて後ろのスペースを消し、相手の攻撃をサイドからのクロスボールとアザールのドリブル突破だけに絞ると、あとははね返すだけ。言うほどたやすい戦術ではまったくないが、これをやりきるタフさがフランスにはある。FWジルーも自陣ペナルティーエリア内で体を張って守る徹底ぶりだった。ボールを自分たちが持ったときにはしっかりとパスを回して時間を使うことができることも、この逃げ切り作戦を成功させる上で重要だった。1-0で逃げ切れるチームは、本当に強いチームだ。

 攻撃のタレントがそろうベルギーを完封したフランスが、12年ぶりにW杯ファイナルの舞台に立つ。

文・西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.