2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/07/09【ワールドカップ ロシア】ブラジル撃破のベルギー、次はトリコロールの堅守を破れるか

(写真:Getty Images)

 “事実上の決勝”と見られているのが、10日に開催されるフランスとベルギーの一戦だ。ファイナルへの出場権を懸けて、優勝候補が激突する。

 今大会ここまで、最も安定した戦いを見せているのがフランスだ。グループステージをラウンド16のアルゼンチン戦こそ4-3という打ち合いを演じたものの、そのほかの試合はほぼコントロールできている。今大会のチームの売りである強力な攻撃陣は、その力を最大限に発揮できているわけではないが、世界ナンバーワンの守備的ボランチであるカンテと、ヴァラン、ウムティティが中央を固める最終ラインが非常に堅い。ウルグアイ戦ではGKロリスがファインセーブを見せ、試合の流れを引き寄せた。

 一方、攻撃陣が期待通りのパフォーマンスを見せているのが大会最多得点のベルギーである。準々決勝ブラジル戦では、それまでボランチを務めていたデブライネを1トップに置く奇襲で勝利を収めた。デブライネとルカク、アザールでしかけるカウンターは超強力。攻撃時は3バック、守備時は4バックになる可変システムで、ネイマール対策も兼ねた戦術だったが、準決勝フランス戦ではどんな策を見せてくれるか。

 なお、フランスとベルギーはW杯で過去2回対戦している。1938年大会は1回戦で対戦し、3-1でフランスが勝利。1986年大会は3位決定戦で顔を合わせ、延長線の末4-2でフランスが勝ちきった。初優勝を狙うベルギーは、このフランスの壁を突破していかなければならない。

文・西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.