2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/07/06【日本代表】ロシアでの戦いを終えて。日本代表、次の時代へ

(写真:Getty Images)

 吉田麻也が、長谷部誠の代表引退に涙した。その知らせはすぐに世間に広まったが、感情的になった背景にはこんな思いがあった。大会前に彼が吐露している。

「どんな世代でも終わりがある。長く一緒に戦ってきた選手がいて、みんなピッチ内外でつき合いがある。それぞれの結婚式に出て、家族同士のことも理解している。思い入れは、ありますよね。だから、みんなで何かを成し遂げたいと思うし、それはW杯でベスト8に入ることが一番目に見える結果なのかなと思う」

 川島永嗣、長谷部誠、本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司。この5人は、10年南アフリカ大会でベスト16を経験した。14年ブラジル大会では、本田、長友、岡崎とともに北京五輪を戦った香川真司と吉田麻也が加わったが、今度は惨敗。彼ら7人にとって今回のロシア大会は、まさに集大成。初戦のコロンビア戦で香川と吉田はW杯初勝利を経験し、いざ前人未到のベスト8に駆け上ろうとしたが、ベルギー戦で悪夢の敗戦。この世代がそろって戦う時代は、終わった。

 長谷部が代表引退を決め、W杯に誰よりも大きな夢を乗せてきた本田も、去ろうとしている。意をともに戦い続けてきた仲間が、節目を迎えてそれぞれの道へと分かれる。日本サッカー史上において、最も世界と互角に、タフに戦ってきた世代。彼らの締めが最高の結末でなかったことが、悔やまれる。

 代表を離れる二人の思いを受け止めつつも、真っ先に戦いの歩みを止めない決意を語ったのは、長友だった。「僕は4年後(のカタール大会)を見据えている。自分を必要としてくれるなら、やっぱり力になりたい。それは家族とも約束をした。どこまでもいきますよ、日の丸を背負えるなら」。川島は、より自然体な自分を貫きたいという。「まずは日本代表という場所にいるためには、自分がそれにふさわしい選手でなければいけないと思う。いまはまだ4年後のことは考えられないけど、自分の中で答えを出していきたい」。

 香川は将来について明確なことは語らなかったが、「代表を引退することはたぶんないと思う。今後サッカーをやっていく上で、しっかりとした自分のプランや覚悟があらためて必要になってくるので、考えたい」と前向きな姿勢を強調した。また、今大会はケガを抱えたまま不完全燃焼に終わった岡崎は「悔いが残る大会だった」と語り、さらにこう続けた。「ここで区切りをつけるという人もいるけど、自分はそういう話を別にする必要はないというか。ただ頑張っていて、代表が必要だと言ってくれたらいくだけ。そのスタンスは今後も変わらない」。

 そして、涙に暮れた吉田。ベルギー戦の敗北を誰よりも明晰に語っていた彼も、長きにわたりともに戦ってきた仲間との別れを思い、男泣き。実は大会前、一時は今回を最後に代表引退も頭によぎったというが、記者を前にこう述べた。

「立ち止まってはいけない。ベスト16で満足してはいけないし、実際コロンビアにしか勝っていない。本当に国際舞台で勝つために、どうすればいいのか。来年1月にはアジアカップがある。韓国、イラン、サウジアラビア、豪州はこのW杯で悔しい思いをしている。彼らはアジアチャンピオンになろうと全力を出してくる。でも、僕たちもまたアジアカップを奪い返しにいかないといけない。まずは、そこからだと思う」

 このW杯で味わった手ごたえと悔恨が、再び吉田を前に進ませた。誰よりも明確に、これからの代表を語る。一つの時代が終焉した。ただ、日本の戦いは続く。29歳のディフェンスリーダーが、今度は先頭に立って思いを継承していく。

文・ 西川 結城

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.